アルガンオイルとは?アルガンオイルの肌と髪への美容効果と使い方

アルガンオイルとは?

アルガンオイルは肌や髪を保湿し、うるおいをあたえることからスキンケア・ヘアケアに取り入れている人が増えていますね。

また、アルガンオイルを直接取り入れていなくてもすでにアルガンオイルを含んだ商品を使っている人は多いでしょう。

アルガンオイルはアロマトリートメントでも基材(キャリアオイル)として使用するオイルでもあり、肌や髪に必要な美容成分を含んでいるので重宝されます。

  • アルガンオイルって、そもそもどんなもの?
  • アルガンオイルは肌や髪を保湿する?
  • アルガンオイルでハリやツヤのアップ!効果的な使い方は?
  • アルガンオイルの価格は?
  • アルガンオイルとホホバオイルのちがい

これらのことを詳しく解説していきます。

アルガンオイルとは?

アルガンオイルA

アルガンオイルの特徴

アルガン、学名はSideroxylon spinosum。和名はアルガンノキ。

アルガンの木は北アフリカのモロッコ王国だけに分布が見られる固有種で、アルガンの実の種子(核)を砕いて圧搾しアルガンオイルが抽出されます。

ビタミンEやオレイン酸、リノレン酸、パルミチン酸など肌に必要な皮脂成分が豊富

アルガンツリーが自生するモロッコ北西部では昔から食用のオイルや皮膚の薬として使われていましたが、近年欧米の国々が化粧品に取り入れるようになり、認知度が上がりました。

そして、アロマトリートメントオイルの基材として、精油(エッセンシャルオイル)と混ぜて、肌や髪、体にトリートメントすることで、保湿したり肌をやわらげたりするのに役立ちます。

サラッとしていて、べたつかない使用感。

脱色や脱臭されていない未精製のアルガンオイルは本来の香りと美容成分はそのまま。

希少価値があり、美容成分が豊富なことから、スキンケア・ヘアケアに人気のオイルです。

アルガンオイルの成分

アルガンオイルに含まれる代表的な成分

  • ビタミンE(トコフェロール)
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • パルミチン酸
  • ステアリン酸
  • リノレン酸
  • ミリスチン酸 など。

アルガンオイルの効果

エイジングケア

アルガンオイルはエイジングケアに

アルガンオイルに含まれるビタミンE(トコフェロール)は抗酸化作用があり、血液の流れをよくすることから新陳代謝アップにつながり、若返りのビタミンと言われます。

オレイン酸、パルミチン酸などは肌の皮脂の成分に近いので、うるおい不足の肌に必要な油分をあたえることで適度な皮脂コントロールをしたり、外部刺激から肌を守ります。

ビタミンEやオレイン酸などが含まれるアルガンオイルは、特に30代以降のエイジングケアにおすすめ。

水分を閉じ込める保湿の役目をするアルガンオイルはスキンケアにぜひ取り入れたいアイテム。

適度なオイル分は肌を守り、ハリとツヤに。

アルガンオイルは肌をやわらかくし、適度な水分と油分のバランスが取れます。

アルガンオイルによる肌・髪・身体のケアと上手な使い方

肌と髪への効果

アルガンオイルのスキンケア

洗顔のあとにすぐアルガンオイルを塗ると、後からつける化粧水が肌によくなじみます

アルガンオイルをスキンケアに取り入れる
  • 洗顔をしたあとすぐにアルガンオイルを塗る。
  • または化粧水、乳液のあとにアルガンオイルを塗る。

アルガンオイルのヘア・頭皮ケア

アルガンオイルは肌だけでなく、髪の保湿にもとてもおすすめ。

ドライヤーの前後に髪に塗ることで、サラリとしたツヤのある髪に。

アルガンオイルをヘアケア・頭皮ケアに取り入れる
  • シャンプー前に頭皮にオイルマッサージをする。
  • ドライヤーの前に髪になじませる。(アウトバスで熱から髪を保護する)
  • ドライヤーの後に髪と頭皮になじませる。(髪の保湿する)

アルガンオイルのボディケア

体の乾燥が気になるところにアルガンオイルを塗ると、しっとりと肌がやわらかくなります。

アルガンオイルをボディケアに取り入れる
  • 体の乾燥が気になる部分にアルガンオイルを塗りマッサージ。
  • 爪や指先、手や足の甲、ひざ、ひじ、かかとに塗る。

いろいろ使えるアルガンオイル

女性だけでなく、もちろん男性の肌や髪、体のケア、そして赤ちゃんにも使えます。

アルガンオイルをボディケアに取り入れる
  • 男性はシェービング後の肌の保湿
  • 妊娠線の予防やできてしまった妊娠線のケア
  • 赤ちゃんマッサージのベビーオイル

アルガンオイルと大人ニキビ

アルガンオイル2

ニキビが気になるとき、ニキビの炎症がひどくなっている状態ではアルガンオイルだけでなく、オイルの入ったスキンケアはやめましょう。

また、オイリー肌には必要以上のオイルはニキビが増える原因にもなりかねません。

ニキビができるのは肌や毛穴が固くなってしまい、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まることで起こる、まさに皮脂コントロールがうまくいっていない状態。

そして、大人ニキビは肌の乾燥や睡眠不足、栄養バランスがよくない、洗いすぎやあぶら取り紙などで肌の皮脂分を取りすぎることなどが原因と言われています。

肌を清潔に保ち不足している水分を適度に補い、大人ニキビができる原因を解消していきましょう。

ちなみに私がアルガンオイルを使用中に何度か大人ニキビができましたが、上記にあげた睡眠不足や栄養バランスが崩れたとき(チョコレートやスナック菓子を一定以上食べすぎると出る)が原因。

適度な量のアルガンオイルは肌を保護して水分と油分をキープするので、ハリとツヤのアップには欠かせないですね。

アルガンオイルの値段は?

未精製で低温圧搾(コールドプレス)され、オーガニック認定されている品質の高いアルガンオイルは100㎖で5000円前後です。

あまりにお安くなっている商品(廉価品)は品質を疑ったほうがよいでしょう。

アルガンオイルの酸化と使用期限

アルガンオイル1

アルガンオイルは植物性オイルで不飽和脂肪酸という分類に入ります。

飽和脂肪酸はバターやラード、動物性の脂肪分、ココナッツオイルなど、多くは常温だと固形のもの。

不飽和脂肪酸はアルガンオイル、オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、ローズヒップオイルなどの植物性のオイルなど。

また、アルガンオイルは乾燥性でいうと、不乾性油に分類され、乾燥はしにくいです。

しかし、酸化しにくいということではなく、開封とともにオイルの酸化が始まります。

アルガンオイルの使用期限は目安として2年~3年(開封後は6ヶ月)。

品質にこだわったアルガンオイルは保存料が添加されていないので、開封したらなるべく早めに使い切りましょう。

商品によって使用期限が異なるので、使い始めはチェックして覚えておきましょう。

アルガンオイルとホホバオイルのちがい

アルガンオイルホホバオイル
種類植物オイル植物ロウ(植物ワックス)・エステル
種子アルガンの種子(核)ホホバの実
産地モロッコアメリカ南部、メキシコ
酸化安定性酸化しやすい酸化しにくい
作用・目的肌の柔軟化作用、抗老化作用
アンチエイジングケア
肌の柔軟化作用、抗炎症作用
健康な肌の維持
  

ホホバオイルはホホバという植物の種子から採れたオイルで、植物ロウ(植物性ワックス)に分類。

低温で固まりますが、常温に戻すと液体になる特徴があります。

保湿効果が高く、のびがよいのでアロマテラピーの基材としてもよく使用され、肌の健康維持によい印象です。

いっぽうで、アルガンオイルは保湿と抗酸化作用・抗老化作用でホルモン分泌が少なくなってくるエイジングケアに向いている印象です。

ホホバオイルとアルガンオイルをブレンドして、オイルスキンケアをするのもよいでしょう。

コディナのアルガンオイルを使った感想・レビューと口コミ、コディナのアルガンオイルのお得な買い方、使い方を紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました