【アロマテラピーの歴史】

アロマテラピーと香りや薬草にまつわる歴史を歴史を追って紹介します。

AEAJ日本アロマ環境協会主催のアロマテラピー検定1級・2級の歴史問題にも、役立つ内容となっています。

世界と日本の歴史を確認しながら、アロマテラピーと香りの歴史をみていきましょう。

【古代・神聖な香りと薬草としての香り】

香りのある植物、いわゆる芳香植物などを儀式や生活に取り入れた初めはいつころなのでしょうか?

人々が「香り」を利用してきた歴史はかなり古く、古代エジプトから古代ギリシャへ、そして古代ローマや古代インドの時代までさかのぼります。

古代エジプト

紀元前3000年頃、今から約5000年前の古代エジプトでは香りは神聖なものとされ、神殿で宗教儀式に使用されました。

香りを薫香くんこう」として、かぐわしい煙をただよわせ、魂が天に導かれることを願い、香料が用いられました。

その時に使われた香料が、フランキンセンス(乳香、オリバナム)やミルラ(没薬*もつやく・マー)などの樹脂です。

樹脂とは、針葉樹林の幹から分泌されるもので、空気に触れ、固化したものを言います。

また、魂の再生を信じた古代エジプト人は、ミイラを作るときに、ミルラの殺菌作用を利用し、防腐剤として使いました。

このことからミルラが、ミイラの語源とも言われています。

また、絶世の美女と言われるクレオパトラは、入浴後にローズなどの香油のトリートメントをしていたと言われています。

ローマ皇帝ユリウス・カエサル(シーザー)など、多くの英雄をローズのよい香りで、魅了したと語られています。

古代ギリシャ

古代ギリシャでも、香りは非常に好まれました。

詩の一節の中に ”神々は香りを愛で、恋人たちが香りのよい花を愛する人に贈った” ということが描かれています。

紀元前5世紀~4世紀に活躍した、医学の父と呼ばれるヒポクラテスの全集の中に、芳香植物を生のまま、または乾燥させたものを焚いて、燻蒸(くんじょう)することが治療法のひとつだったとの記述があります。

植物学の祖と言われる、テオフラストス「植物誌」で、500種以上の植物を記載したり、香料の調合や製造、使用法について紹介しています。

芳香植物をつぶして、粉末にしたものをワインやオリーブ油に漬けこんで、香りを移すということが主だったようです。

古代ローマ

そして、古代ギリシャからの医学・薬学が古代ローマに受け継がれていきます。

皇帝ネロの軍医ディオスコリデスは、各地に遠征した際に、植物を観察し、「マテリア・メディカ(薬物誌)」をあらわしました。

博物学者のプリニウスは、当時の植物や植物薬剤などの知識や情報を「博物誌」にまとめました。

また、皇帝マルクス・アウレリウスの侍医ガレノスはで、ヒポクラテス医学を基礎として古代医学を確立させました。

ガレノス製剤と呼ばれるコールドクリーム(蜜蝋を乳化剤として使い、植物油と水を乳化させた感触が冷たいクリーム)などを作りました。

この古代ローマ時代にはテルマエと呼ばれる公衆浴場が当時の皇帝によって、いくつも建設されました。(ネロ、ティトゥス、トラヤヌス、カラカラなど)

マッサージや垢すりの際に、全身にローズの香油を塗ったり、部屋にローズの花を敷きつめたりと、香りを楽しんでいたようです。

古代インド

同じころの古代インドでは、伝承医学のアーユルヴェーダが生まれました。

薬草療法について研究され、いろいろな芳香植物が使われるようになりました。

現在でもインド、スリランカを中心に受け継がれており、伝統的な自然療法として、世界各地でオイルを使ったトリートメントなどが親しまれています。

中国

2~3世紀の中国では神農本草経しんのうほんそうぎょうがまとめられました。

5世紀には、陶弘景とう こうけいが、神農本草経集注しんのうほんそうぎょうしっちゅうとして、再編さんしました。

【中世・蒸留技術の発見と薬草治療】

文化・科学の中心がアラビア・イスラム世界へ

西ローマ帝国の崩壊後は、文化・科学の中心はイスラム帝国へと受け継がれ、医学はユナニ医学として発展します。

8~12世紀、中世のアラビア・イスラム世界では、アルコールの蒸留技術が発明され、アラビア式蒸留法が確立しました。

これにより、薬酒、オーデコロンが生み出され、香水へと発展していきます。

医師・哲学者のイブン・シーナーは、それまでの蒸留法を改造し、水蒸気蒸留法に発展させました。

植物から精油を採取する際に得られる、芳香蒸留水(ローズウォーターなど)を治療に使い始めました。

彼の著書「医学典範(カノン)」は、17世紀頃まで医科大学で教科書として使用されました。

  • 「芳香蒸留水」とは。。。

    水蒸気蒸留法という精油の製造過程にできる、副産物で香りのついた水分。
    植物の花びらや葉などを、蒸気で熱せられた釜に入れ、植物の芳香成分を気化して、水蒸気とともに冷却する。
    その際に芳香成分は精油に、水蒸気は芳香蒸留水として分離される。
    植物の香り成分が含まれ、化粧水などに利用される。
  • 「アルコールの蒸留」とは。。

    アルコールと水の混合物である酒からアルコールを取り出すというもの。
    酒を加熱して、その蒸発した気体を冷却して、液体に戻す。
    これを何度も繰り返すことで水にくらべて蒸発の早いアルコールだけが取り出される。

中世のアラビア・イスラム世界でのアルコールの蒸留技術が、精油や香水が作られていくカギとなりました。

中世のヨーロッパでは

1096年から200年近く続く、ローマ教皇による十字軍の遠征により、地中海世界に人々が行きかい、東西の文化交流が盛んになっていきました。

ハーブ薬草アラビアの医学蒸留技術など、グローバルな視点がヨーロッパに紹介されました。

教会や修道院では、薬草医学を主とする僧院医学が生まれ、薬草が栽培され、貴族中心に治療に用いられました。

次第に新しい都市が出来てくると、医師が必要とされ、イタリアのサレルノやフランスのモンペリエでは医学校が作られました。

12世紀、ドイツの修道院ではヒルデガルトが、ラベンダーなどのハーブを治療に使用し、効能を紹介しました。

14世紀には、アルコールにローズマリーを漬けこんだ「ハンガリアンウォーター」が、若返りの水として話題に。

肌につけるほか、飲んだり、マッサージに使われたようですが、当時は薬、飲料、化粧品などの区別がはっきりしていませんでした。

このころ、ペスト(黒死病)コレラ天然痘などが流行し、多くの命が奪われます。

フランキンセンスローズマリーコショウなど、刺激のある香料などを焚いて(燻蒸くんじょう)、消毒剤として使用されました。

強めの香りが悪い病気を退散させる、と考えられたようですね。

日本での様子

日本における香りについての文献は、日本書紀に淡路島に香木が漂着したというのが最初です。

538年頃の仏教の伝来とともに、香木が紹介され、おもに仏教儀式の中で使用されました。

平安時代には、貴族の間にお香が親しまれるようになり、部屋や着物に香を焚きしめるようになりました。

当時の様子は、源氏物語などにも描かれています。

室町時代には、文化として香道が確立され、武士の間で香りを聞く聞香(もんこう)、香りをかぎ分ける香道などが、伝統文化として定着していきます。

当時は、伽羅(きゃら)沈香(ちんこう)白檀(びゃくだん)などが使用されていました。

江戸時代になると香料は、焼香線香の形で庶民にも広がります。

また、ヨモギやユズなどの芳香植物の香りも、古くから生活の中に取り入れられていました。

【近代・ハーバリストと精油から香水への発展】

近代ヨーロッパを中心に薬草研究と精油から香水へ

14世紀にイタリアでルネサンス(再生・復興の意の文化活動)が始まり、ヨーロッパ各地に広まりました。

中国で発明された羅針盤火薬活版印刷が各地に伝わり、印刷技術の発展により、薬用植物に関する書物が出版されるようになりました。

ハーバリストと呼ばれる薬草学の専門家が登場してきます。

16~17世紀、イギリスではハーバリストとして、ジョン・ジェラードジョン・パーキンソンニコラス・カルペッパーなどが知られ植物に関する書をまとめました。

16世紀、精油が抽出される

16世紀頃には、水蒸気蒸留法が確立し、植物から香料として精油が作られるようになりました。

治療の目的の他、王侯貴族の間では芳香として、香りをまとい楽しまれるようになっていきます。

イタリアからフランスの社交界に伝わり、ルイ14世の時代には、香料を調合する専属の調香師が雇われるようになりました。

逸話として、イタリアのネロラ后妃が愛用したことから、ビターオレンジの花の香りは「ネロリ」と呼ばれるようになりました。

17世紀末にイタリア人のフェミニスがドイツの町ケルンで、アルコールとベルガモットを中心とした精油で芳香水を作り販売すると、「ケルンの水」として、人気を博します。

香水の歴史からすると最古の香水と言われています。

そして、時の戦争でケルンを占領したフランス人将兵が「ケルンの水」を気に入り、祖国に持ち帰ると、フランスでは「オードコローニュ(ケルンの水の意味)」と呼ばれ、ひろがりました。

英語では「オーデコロン」、のちにケルンを占領したナポレオンが愛用したことでも有名です。

また、18世紀にスウェーデンのカール・フォン・リンネが、植物の名前を「属名と種小名」で構成する二名法の基本を作りました。

それまでの、一つの植物に複数の名前が付けられてしまうということが、解消されていきました。


16世紀頃から、精油をもとにする香水が上流階級にひろまっていき、いろいろな香りが楽しまれるようになりました。

香水文化の発展と成長~南フランス・グラース

十字軍遠征から戻った騎士たちの間では、イスラム騎士たちが使っていた香りつきの皮手袋が流行しました。

香水文化は、イタリアのフィレンツェから、フランスの社交界へ。

やがて、皮手袋製造の中心地、南フランスのグラースへと普及していきます。

もともと温暖な気候で、芳香植物にあふれていたので、次第に香料産業の中心となっていきました。

その後、グラースは世界に知られる「香水の都」と呼ばれるようになります。

始めはラベンダーなどシソ科の植物や、柑橘の香りが中心でしたが、香りが揮発しにくい植物の芳香も取り入れるようになり、香りが長持ちするようになっていきました。

トップノート、ミドルノート、ベースノートと、今日のような香水が作られるようになりました。

ベースノートの香料原料の樹脂スパイスは、おもにアラビアからの輸入でしたが、大洋航海が始まると、植民地にした東洋諸国から得るようになりました。

大航海時代のプラントハンター

羅針盤の技術により遠洋航海が可能になり、大航海時代へとつながります。

ヨーロッパ諸国は、領土獲得の為や、食生活に欠かせないスパイスの新たな交易ルート開拓の為に、航海に乗り出しました。

大航海時代以降、大洋航海には、プラントハンターと呼ばれる植物学者が同行し、アジア、アフリカ、中南米のバニラチリカカオそのほか珍しい植物を採集して自国に持ち帰るように。

18世紀の、イギリス人ジョセフ・バンクスは、ジェームス・クックのエンデバー号に乗船し、オーストラリア大陸、太平洋地域に自生するミモザユーカリなどを採集し、ヨーロッパに紹介しました。

合成香料の製造

19世紀に入るとさらに、科学と技術が発展、薬用植物から有効成分の分離に成功。

やがて、石油や石炭などの鉱石原料からも、化学工業的にいろいろな効果や作用のある薬を作ったり、合成香料も作り出せるように。

こうして植物の精油のかわりに、人工の化学物質が、合成香料として用いられるようになっていきました。

【現代・アロマテラピーの誕生】

アロマテラピーの誕生

19世紀から、科学・医学・技術が進歩していくなか、いっぽうで、自然療法が見直され、アロマテラピーが誕生します。

フランス人化学者のルネ・モーリス・ガットフォゼによって、「アロマテラピー」という言葉が造られました。

彼は化学実験中の事故でやけどを負いますが、とっさにラベンダー精油を塗って、治療にあてたところ、治りが早く、精油の効果にあらためて気づきました。

1937年、精油の治療的効果の研究から、「Aromatherapie」をあらわしました。

「アロマ」が「芳香」、「テラピー」が「療法」を意味します。

フランスのアロマテラピーと医療の現場

フランスの軍医であったジャン・バルネは、インドシナ戦争の負傷者に、精油から作った薬剤を用いて治療にあたりました。

1964年、その成果を「AROMATHERAPIE(植物=芳香療法)にまとめ、医療現場でのアロマテラピーの活用をすすめていきました。

その影響でフランスでは、精油を薬として用いる方法が研究され、今日でもメディカルアロマテラピーとして、フランスのアロマテラピーの大きな特徴となっています。

医師が精油の処方箋を書き、薬局で調合してもらえます。

家庭では咳止めとして、のどや胸に精油入りのクリームを塗ったりします。

また、飲料に混ぜたり、眠る前に枕にアロマスプレーしたりと、生活に自然に取り入れられています。

イギリスのアロマテラピーへの影響

イギリスのアロマテラピー界に大きな影響をあたえたのは、オーストリア人のマルグリット・モーリーです。

彼女は、インド、中国、チベットの伝統的な医学や哲学を研究しました。

そして、精油を植物油で希釈して、トリートメントオイルでマッサージするという美容法です。

1961年の著作「Le capital ‘Jueness'(最も大切なもの…若さ)」は、精神と肉体のアンバランスを整えるという方法論は、、アロマセラピストたちが実践の場で試みていきました。

これがのちに「ホリスティック・アロマテラピー」と呼ばれるようになりました。

1970年、イギリスのロバート・ティスランドは、ジャン・バルネやマルグリット・モーリーの業績を受けつぎ、アロマテラピーを学問として体系的にまとめ、研究していきました。

彼は、アロマテラピースクールの開設協会の設立にも関わり、世間にアロマテラピーを普及させていったことで知られています。

ティスランドは、いまなお、イギリスでのホリスティック・アロマテラピーのリーダーとして活躍し、日本のアロマテラピーの発展にも大きな影響を与えています。

ヨーロッパでは、イギリスのトリートメント中心とした、心と体へのホリスティック・アロマテラピーと、フランス・ベルギー・ドイツなどで盛んなメディカル・アロマテラピーがあります。

においのメカニズムの解明へ

1970年代には、パオロ・ロベスティが香りの心理的・精神的効果を研究し、有効性を発見しました。

香りは、古代より儀式や生活の中などで、私たちとかかわってきましたが、においがどのように脳に識別され、記憶されているのかが解明されたのは、ごく最近のこと。

2004年、アメリカのリチャード・アクセル博士リンダ・バッグ博士が「嗅覚システムとにおいの受容体」の研究でノーベル賞を受賞しました。

脳と香りの関係や詳しいメカニズム、また、アロマテラピーの心と体に与える効果・作用などが研究され、注目されています。

日本でのアロマテラピーの普及

明治時代に西洋から石けん、香水、薬酒が輸入・紹介され、日本の香り文化が大きく変化します。

精油を得る目的で、北海道北見市を中心に農産物としてハッカ(薄荷)の栽培が昭和45年頃まで行われました。

昭和12年には、フランスからラベンダーの種子を入手して、香料会社が化粧品香料としての栽培も始めました。

現在も、富良野地方ではラベンダーの品種改良などされ、栽培が続いています。

鳥居鎮夫(東邦大学名誉教授)は、随伴性陰性変動(CNV)と呼ばれる特殊な脳波を用いて、ラベンダーやジャスミンの香り鎮静作用や興奮作用を実証しました。

1986年、イギリスのシンポジウムで研究成果を発表し、アロマテラピーの学術研究の先駆者として高い評価を得ました。

1980年頃から、ロバート・ティスランドジャン・バルネなどの、アロマテラピーの著書が翻訳され、出版されました。

1990年代には、アロマテラピー関連の専門誌が創刊され、一般化されていきました。

しかし、専門家からは安全な精油の使用法や、活用の標準化が求められ、アロマテラピーの健全な発展と普及啓発のために1996年「日本アロマ協会」が設立されました。

その後2012年に、現在の公益社団法人「日本アロマ環境協会(AEAJ)」に継承されました。

アロマテラピーの健全な普及、および啓発活動や自然の香りのある心地よい環境(アロマ環境)づくりを推進する活動を行っています。

また、日本特有の和精油として、ハッカユズショウガヒバヒノキクロモジなどの精油が作られ、国内外で注目されています。

日本に古くから自生する植物や、生活になじみのある植物から作られている和精油は、今後も大きな発展が期待されています。

香りとアロマテラピーの歴史をふりかえる

香りの歴史は、古代から。

人々が、自然の香りの力をいろいろなかたちで、利用してきたことがわかりました。

古代エジプトではフランキンセンスやミルラが宗教儀式に取り入れたり、ミイラ作りに防腐剤として使われたところから、芳香植物と人の関わりがありました。

現代では、アロマテラピーが一般化して、気軽に精油の香りを楽しめるようになっています。

精油には、それぞれの香りの個性特徴や作用があります。

植物の芳香成分を高濃度に含んだ有機化合物の集合体。

注意事項を確認しながら、心と身体をリフレッシュさせ、癒されたいですね。

豊かな精油の香りをアロマテラピーとして上手に利用しながら、生活の質の向上(QOL)をめざしていきましょう。