ベンゾインの香りはバニラに似てる?固まる精油?禁忌と効能、使い方

ベンゾイン安息香

ベンゾインという名前は一般的になじみが薄いので、残念ながら香りがあまり知られていません。

しかし、ベンゾインのアロマは一度嗅いだら忘れられない、まさに甘いバニラのような香り

そして、ブレンドするとラムネのような甘さにも変化するんです。

ベンゾインは別名安息香、あんそくこうレジノイドとも言い、アンソクコウノキの樹液が固まった樹脂を精製して作られます。

香りを長く持続させる保留剤としての効果があるので、実は香水にもよく使用される香料です。

ベンゾインは固まるの?という疑問やベンゾイン(安息香)の効果効能、禁忌・注意点や使い方、ブレンドレシピ、アロマの組み合わせ、使用されている香水などを紹介していきます。

気分を落ち着かせたり、また元気もあたえてくれるベンゾインの香りについて、AEAJ認定アロマテラピーインストラクターのRiyuと一緒にみていきましょう。

アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

ベンゾイン(安息香)とは?

ベンゾイン 樹脂

ベンゾインが採れる、エゴノキ科のアンソクコウノキは東南アジアが原産。

産地によりスマトラ安息香(Styrax benzoin)、シャム安息香(Styrax tonkinnesis)の2種類があります。

スマトラ安息香は安息香酸が多く、シャム安息香は桂皮酸が多いというように、樹種によって含まれている芳香成分の割合が異なります。

樹皮に切り込みを入れると粘度のある樹脂が出てきて、空気に触れると固まります。

ベンゾインの樹脂を焚くと息が楽にできるようになることから、安息香という名前がつきました。

有機溶剤抽出法で抽出されるので、ベンゾインレジノイドまたはベンゾインアブソリュートとも呼ばれます。

古代からフランキンセンスやミルラの樹脂と同じように宗教儀式医薬品として使われてきた歴史があるベンゾイン。

現在では甘い香りが香水やフレグランス商品にも使用され、香りを長くとどめる保留剤としての役割もしています。

ベンゾイン(安息香)の効果効能とは?

甘い香りベンゾイン (1)

心への効能

精神安定

精神的に不安定な状態をリラックスさせ、落ち着かせる。気持ちのバランスをとる。

鎮静作用

不安をやわらげ、心をおだやかにする。やすらぎを与え、緊張感をときほぐす。

精神高揚

甘い香りが気持ちを温かくし、高揚感を持たせる。無気力なときに元気をくれる。

体への効能

皮膚再生・保湿

肌をやわらかくし、保湿効果が高いので、乾燥肌や老化肌に。かかとのひび割れ、ひじやひざのカサつき、あかぎれなどに。

去痰きょたん、咳、声がれ

咳や痰など、のどが不調なときに粘膜にはたらき、しずめる。

Riyu
Riyu

咳が出るときは「芳香専用マグカップ」にお湯を入れ、ベンゾインを1滴。蒸気とともに香りを吸入するといいですよ。

ベンゾイン(安息香)はバニラに似た香り。バニラとの違いは?

甘い香りで 気分を上げる ベンゾイン (1)

ベンゾインはなぜバニラのような香りがするの?

実はバニラに含まれている香り成分の「バニリン」が、ベンゾインにも含まれているから。

それでベンゾインも甘いお菓子のような香りがするのです。

では、バニラのアロマとはどう違うのか?

「ベンゾイン」は、アンソクコウノキ(エゴノキ科の樹木)から出てきた樹脂を精製したもの。

希釈されていないベンゾインにはバニリンが約2%とわずかしか含まれていませんが、甘い香りを漂わせます。

ベンゾインはおもに香水の香料、保留剤として広く使用されています。

「バニラ」は、つる性植物で、黒い小さな種子が入ったさやを精製したもの。

一般的に「バニラビーンズ」と言われる種子が入った「さや」を発酵と乾燥を繰り返す(キュアリング)と、甘い香りが出てきます。

希釈されていないバニラには80%ほどのバニリンが含まれています。

バニラもベンゾイン(安息香)と同じように有機溶剤を使って抽出されるので、バニラアブソリュート(Abs)といわれます。

ベンゾイン(安息香)は固まる? 禁忌・注意点と使い方のポイント

甘い香りで 気分を上げる

ベンゾイン(安息香)精油の禁忌・注意点と使い方のポイントを紹介します。

①ベンゾイン(安息香)は固まる?

ベンゾインは粘度が高い精油なので、固まりやすいです。

精油瓶の口に張り付いて、ドロッパーから垂らしにくいこともあります。

もし固まってしまったときは精油瓶をぬるま湯で湯せんするか、暖かい部屋にしばらく置いておきましょう。

また、ベンゾイン精油を超音波ディフューザーで使いたいときは注意が必要です。

注意:ベンゾイン精油はこびりつきやすい。
        
ビーカーで他の精油と混ぜて、アロマディフューザーの水にたらす。

空の精油瓶にベンゾインと他の精油のアロマブレンドを作っておくと、使いたいときにすぐ利用できます。

ただ、ほとんどのベンゾインは25%~50%に希釈されて、販売されています。

一般的にアルコールやモノプロピレングリコール、ブチレングリコールという保湿剤で希釈されているので、固まりにくくなっています。

たとえば「生活の木」のベンゾインはモノプロピレングリコールで25%に希釈されています。

②ベンゾイン(安息香)は使いにくい精油?

粘度が高く固まりやすいので、場合によっては使いにくいことも。

そして、もう一つの使いにくい理由は抽出法にあります。

ベンゾインは「アンソクコウノキの樹脂」から揮発性有機溶剤抽出法きはつせい ゆうきようざい ちゅうしゅつほうで精製されます。

精油ブランドのホームページでは、「溶剤抽出法」と記載されていることもあります。

では、抽出方法について。

揮発性有機溶剤抽出法

1、ベンゾインの樹脂を常温で揮発性のある有機溶剤(石油エーテル、ヘキサンなど)の中に入れ、芳香成分を溶かし出す。

2、有機溶剤を蒸発させると、半固形状のコンクリートと呼ばれるものが残る。

3、コンクリートにエタノールをまぜて芳香成分だけを抽出、最後にエタノールを取り除くとベンゾインレジノイドができる。

このベンゾイン「レジノイド」やローズやジャスミン「アブソリュート」には、有機溶剤の石油エーテルやヘキサンなどが、わずかに残ることがあるので「精油」とは別として考えることもあります。

有機溶剤がわずかでも残留が気になる場合は香りを嗅ぐ芳香浴で、楽しみましょう。

ベンゾインレジノイドやアブソリュート

アロマトリートメントより、香りを嗅ぐアロマクラフト・アロマルームスプレーなどの芳香浴に使う。

私はすこーしだけ気になります。

ただ、アロマトリートメントオイルを作るときは精油をホホバオイルなどで必ずうすめます。

AEAJ日本アロマ環境協会では、体へのトリートメントオイルはキャリアオイルなどを使って、1%以下の濃度に薄めて使うように案内しています。

希釈されたベンゾインがさらにキャリアオイルで薄められた状態になる。

ということで、精油成分が皮膚を通して体内に吸収されるのは微量なので、あまり神経質にならなくてももいいのかもしれません。

(それより加工食品に含まれている食品添加物の摂取量のほうが気になるところ。)

③妊娠初期はベンゾイン(安息香)の使用を避ける。

ベンゾイン(安息香)の禁忌と注意点

妊娠中は使用をしない。

ベンゾインに関わらず、妊娠中は精油自体使ってよいのか気になると思います。

妊娠中にアロマトリートメントをしたい場合は、まずかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

  • 芳香浴以外は十分な注意が必要。
  • 精油の禁忌・注意事項を確認し、妊娠初期や妊娠中は避けると書いてあるものは使用しない。

ベンゾイン(安息香)の上手な使い方とブレンドレシピ

具体的なベンゾインの使い方とブレンドレシピ・アロマの組み合わせを紹介します。

甘い香りが好きな方はぜひ参考にしてください。

アロマディフューザーを使う

ベンゾインのブレントレシピ・とにかくハッピーな気分になりたいとき!

超音波ディフューザーの芳香浴(水100㎖のディフューザー)

  • ベンゾイン(安息香)精油 1滴
  • ローズオットー精油  1滴
  • サンダルウッド精油 1滴

小さな容器に各精油を混ぜ、ブレンドしてから水にたらす。

ベンゾインの甘い香りとローズの華やかさに、サンダルウッドの神聖な香りが深い安心感をもたらしてくれます。

  • ディフューザーでベンゾインの芳香浴をするときは、必ずブレンドする。
  • ビーカーにベンゾインと他の精油をよく混ぜて、ディフューザー内の水にたらす。

ベンゾインだけだと、超音波ディフューザー内がべたつき、後片付けが大変!

紙コップや小さな容器に精油を混ぜ、ブレンドしてから水に垂らして使いましょう。

アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

アロマストーンを使う

ベンゾインのブレントレシピ・安心感がほしいときに!

アロマストーンの芳香浴

  • ベンゾイン(レジノイド)精油 1滴
  • ベルガモット精油 2滴
  • オレンジスイート精油 3滴

フレッシュで甘い柑橘系ベルガモットとオレンジスイート、そこにベンゾインが加わると、気持ちが温かくなります。

まるで、ラムネを味わっているかのような、懐かしい思い出がよみがえるかもしれません。

ということで、もっと手軽にアロマストーンで香りを楽しんでみましょう。

写真は無印良品のアロマストーンです。

     始めは着色が見える→2時間後着色はうすくなる。

精油を使うのにかえってストレスになるのは避けたいですよね。

写真左はアロマストーンでベンゾインを垂らした時の様子で、初めは茶色の染みになり、エッと思うかもしれません。

写真右は2時間ほどして茶色の染みは薄くなった様子、2日以上経てば、アロマストーンの着色はより薄くなるので、気にならなくなります。

  • ベンゾインは茶色、アロマストーンに濃い色がつくが、しばらくすると薄くなる。
  • アロマストーンを使うときは棚やテーブルに精油がこぼれないように注意する。

■LOHACO(ロハコ)のHPから無印良品のアロマストーンが買えます。

無印良品のアロマストーンは2センチ程のアロマストーンで10個入り。
たくさん入っているので、アロマストーンの汚れを気にせず、使えますね。

無印良品 素焼きストーン 10個入

精油を扱うとき、アロマテラピーを楽しむときの注意点を確認しましょう。

アロマテラピーとは?

ベンゾイン(安息香)のブレンド相性

ベンゾインは単体で使ってもいいし、柑橘系やフローラル系、ハーブ系とブレンドしても楽しめます

柑橘系:レモンオレンジスイートグレープフルーツベルガモット

フローラル系:ネロリイランイランジャスミンローズ

ハーバル系:ゼラニウムクラリセージラベンンダーローズマリー

樹木系:サイプレスジュニパーベリーサンダルウッド

樹脂系:フランキンセンスミルラ

ベンゾイン(安息香)の価格

ベンゾインは他の精油と比べて高価ではないですが、精油ブランドによってばらつきがあります。

価格の目安は公式オンラインストアでの価格です。

生活の木

国内外の提携農園(パートナーファーム)から厳選したオーガニックハーブや精油、植物油などの販売。全国約110店舗の直営店あり。エコサート、JASなどの認証を受けた有機精油もあり。

ベンゾイン 25%希釈 /溶剤抽出法

原産国:ラオス
価格の目安:3㎖ 660円(税込)、10㎖ 2,200円(税込)

フレーバーライフ(Flavor Life)

アロマテラピー商品の通信販売を日本で最初に始めた会社。
英国Aromatherapy Trade Council(アロマテラピー精油取引協議会)及び、Soil Association(英国土壌協会)加盟社より輸入し、100%ピュア&ナチュラルな精油を販売。

ベンゾイン 50%希釈 /溶剤抽出法

原産国:インドネシア
価格の目安:10㎖ 1,870円(税込)

フロリハナ(FLORIHANA)

フランスにフロリハナ蒸留所を持ち、エコサート・JAS認定100%オーガニックなど、オーガニック認定商品にこだわり、精油を蒸留販売。こちらは1滴が約0.03㎖。

ベンゾイン 45%希釈 /オーガニックエタノールで溶解抽出

原産国:ラオス
価格の目安:5.08㎖(5g)1,045円(税込)

■こんな精油ブランドを紹介しています。

  • オーガニック先進国などの認証機関で精油の品質検査がされている。
  • 精油ブランドや販売店が、輸入された精油を企業独自に成分分析をしている。
  • 精油の成分分析表などの表示がある。

原料になる植物が育つ産地や収穫時期が異なることで、含まれる芳香成分に多少の違いが出てくるので、精油ブランドや収穫年の天候によって、同じ精油でも香りの雰囲気が異なります。

ベンゾイン(安息香)はオリエンタルの香り

オリエンタルとは?

香水には、一般的に7種類に分けられる香調(どんな香りであるか)があります。

①シトラス…さわやかな柑橘系の香りを中心とした香調。
②グリーン…青臭さのある香りをアクセントにした香調。
③フローラルブーケ…華やかで甘さのある花の香りを中心にした香調。
④フローラルアルデヒド…フローラルブーケの香調にアルデヒドを組み合わせて女性らしさを強調した香調。
⑤シプレ…コティ社が発売した香水が原型の甘みの少ないシックで落ち着いた香調。
⑥オリエンタル…中近東、東洋、極東を思わせる濃艶で残香の強い香調。
⑦フゼア…ウビガン社が発売したフゼアロワイヤルが原型の解放感のある高原に吹き抜ける風のような香調。

引用・参考 AEAJ日本アロマ環境協会 アロマブレンドデザイナー公式テキストより

この中でベンゾインを分類すると、濃艶で残り香の強い⑥のオリエンタルに入ります。

ほかにフランキンセンスやミルラ、バニラアブソリュートなども同じ分類。

オリエンタルという分け方は、西洋人から見た「東洋風」イメージの香りのことです。

香料の原産地・栽培地が中東からアジアであるのが特徴ですが、配合される香りは限定されず、組み合わせが無限にあります。

ベンゾイン(安息香)の香水

CHANEL 

ココ オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

マンダリン、ジャスミン、ローズ ドゥ メ(ローズ)、パチョリ、トンカ 、ベンゾイン

ベンゾインの香料をはじめ、甘くラグジュアリーな香りを探したいときは香りの定期便をどうぞ。

ベンゾイン(安息香)はベースノート

精油や香水の香りの特徴は3つの属性に分類して、表現することができます。

  • 香調
  • 強さ
  • 持続性

持続性(香りがどのくらい続くのか)は「トップノート」「ミドルノート」「ベースノート」に分けられます。(ベースノートはラストノートとも言う)

  • トップノート…嗅いだ瞬間に立ち上がる香りで、第一印象を決めるカギとなる。揮発性が高く香りの持続時間は短い。柑橘系などの香り。
  • ミドルノート…トップノートの香りが弱まると主張されてくる香り。揮発性は中間で、ある程度の持続性があり、程よい強さがある。花やスパイスなどの香り。
  • ベースノート…トップ、ミドルの香りが弱まった頃に存在感を表す香り。揮発性が低く、持続性が高いので、残り香となる。重めで温かみのある木や樹脂などの香り。

ベンゾインは香りの特性からベースノートに分類され、精油や香水のブレンドにおいては香りを長く保つ保留剤としての役割をします。

また、香りの持続性をイメージにすると下の図のようになります。

ベンゾインは「バニラに似た、パウダリーで甘い」香り。

スイーツのような甘さだけでなく、大人の深みのあるつや感がひそんでいる。

それは残り香によく現れてきて、日が経つほどに、成熟した香りに変化していきます。

アロマストーンにたらした一滴の精油でさえも。

ベンゾインが未体験の人には、一度嗅いでほしい安心感のある香りです。

オーガニックで始めるスキンケア【ニールズヤード レメディーズ】

ベンゾイン(安息香)のプロフィール

ベンゾイン(エゴノキ科)の花
精油名ベンゾイン(安息香・レジノイド) Benzoin
学名Styrax benzoin(スティラクス ベンゾイン )
科名エゴノキ科
主な産地インドネシア、ラオス、タイなど
抽出部位樹脂
抽出方法揮発性有機溶剤抽出法
主要成分安息香酸エステル類、桂皮酸エステル類、バニリンなど 
ノートベース
印象甘いバニラのような香り、やわらかく安心感のある印象
注意事項香りは強め。粘度が強いので固まりやすい。
妊娠初期は使用を避ける。
Riyu
Riyu

ベンゾインが抽出されるときに有機溶剤がわずかに残る場合がある。
おもに芳香浴で使うのがおすすめ。

ベンゾイン(安息香)のまとめ

エゴノキ科のベンゾイン(安息香・レジノイド)は、木の幹からの樹脂を精油にしたもの。

精製されると、甘い香りの精油になります。

疲れているときは甘いものが自然と欲しくなりますね。

同じようにベンゾインのバニラのような優しい香りは気持ちを引き上げる高揚感と、落ち着かせてくれる鎮静作用を持っています。

元気になりたいとき、前向きになりたいときのきっかけになるでしょう。

また、包容力のある香りは香水をはじめフレグランス商品に多く利用されています。

アロマルームスプレーやアロマストーン、そして超音波ディフューザーなどでもベンゾインの香りを楽しんでみてください。

アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

■CODINA(コディナ)

美肌に欠かせないビタミンEがオリーブオイルのなんと2~3倍!

顔・体・髪・爪や指先など全身に使える、自信を持っておすすめできる100%ピュアなアルガンオイル

私はコディナのアルガンオイルを顔と髪に毎日使っていますが、すぐに無くならないのでコスパがいいのが嬉しいところ。

好きな精油を数滴混ぜればアロマトリートメントオイルにもなります。

アルガンオイル 100㎖ 5,060円(税込)送料無料。

コディナのオーガニックアルガンオイル

初めて購入される方限定の7日間お試しセット2,200円(税込)送料無料もあります。

アルガンオイル配合!コディナの基本アイテムが入った7日間のトライアルセット