【オレンジスイート精油】効果・効能とおすすめアロマ

こんにちは!Riyuです。

みずみずしく、とってもジューシー。

皮をむくと、細かな香りの粒がはじけますね。

それが、オレンジの精油!

オレンジスイートは陽だまりのようにやさしく、初心者の最初の1本にオススメの精油です。

 

オレンジスイート 精油のプロフィール

 

 

プロフィール

精油名 オレンジスイート(Orange Sweet
学名 Citrus sinensis(キトルス シネンシス)
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法
主な産地 アメリカ、イタリア、ブラジル、スペイン、フランス、オーストラリア
主要成分 リモネン、リナロール、シトラール、デカナール、オクタナール
印象 オレンジそのままの甘い香りとフレッシュ感
ノート トップ
注意事項 揮発性が高いので、開封したら6ヶ月以内に使用する。

オレンジスイート精油の効果・効能

【心への効能】

  • 精神高揚:沈んだ心をうきうきと快活にする、リフレッシュ効果。  
      
  • 抗不安:緊張緩和、気分を明るくしリラックスさせ、生きる力をよみがえらせる。
  • 神経強壮:心と身体の元気回復、心と身体を温める。
Riyu
Riyu

オレンジは太陽の色。精油にも温かく包んでくれるやさしさがあります。

【体への効能】

  • 安眠促進:気分を落ち着かせ眠れるようにする。
  • 消化促進:下痢、便秘、胃痛、食欲不振。
  • 血流促進:冷え性、肩こり、腰痛、むくみ、リンパ系の活性。
  • 皮脂分泌の調整:スキンケア、老化肌、肌をなめらかに整えたいときに。
Riyu
Riyu

不眠に悩むとき、ラベンダーやサイプレスなどもあるけど、柑橘系が好きな人はオレンジスイート精油もオススメ!

オレンジスイート精油のお話

 

 

白い花を咲かせる、樹高10mほどに育つ常緑樹。
別名はアマダイダイ。

インドのアッサム地方が原産とされており、亜熱帯から温帯の地域で、広く栽培されています。

精油はオレンジ果皮の外側の小さな粒々に入っています。

どこかで、リモネンって、聞いたことありませんか~?

オレンジの皮をむいたときに、細かな液体分子が飛び散りますよね、あれが精油です。
みずみずしいオレンジの香りは柑橘らしさを特徴づける「リモネン」によるもの。

またジューシーな甘い香り成分のオクタナールも微量ですが、含まれています。

ペストが流行したヨーロッパでは、クリスマスの時期に、オレンジの果実にスパイスのクローブを刺して、シナモンなどの粉をまぶした、お守りや魔よけのための「オレンジ・ポマンダー」を作る風習がありました。

オレンジスイート精油は甘くジューシーなさわやかさと、やさしい太陽の温かさがあるイメージ。

多くの人に好まれる精油で、精油に興味を持ち始めた初心者に一番にオススメしたい精油。

そして、なんとなく気分がすぐれないときや、風邪など体調がすぐれないときの緩和など、心身の回復に役立つ優しい精油です。

【参考】
オレンジスイート精油に光毒性はない。

■ネロリ精油はビターオレンジの花からとれる精油。

■プチグレン精油はビターオレンジの葉や枝からとれる精油。

 

 

オレンジスイート精油のおすすめの使い方

 

天然精油とラベルに記載のある精油を使用します。

オレンジスイートはいろいろな精油と相性が良く、オリジナルのブレンドを楽しむことができます。

また、光毒性がないので、日中のトリートメントでも使いやすい精油です。

マグカップの芳香浴

マグカップでかんたん芳香浴

【材料】
・マグカップ or 小さめのボウル
・オレンジスイート精油 1~2滴 
・お湯  


【手順】
①マグカップや小さめのボウル、小皿などに半分から8分目くらいのお湯をはります。
②オレンジスイート精油を1~2滴たらして、カップから立ちあがる香りを楽しみます。

■マグカップはふだん使ってない物を使用しましょう。
また、誤って飲まないようにしてください。

ホットタオルで癒される

ホットタオルの湿布法
<材料>
・タオル(ハンドまたはフェイスタオル)
・オレンジスイート精油のアロマスプレー

<方法>
①タオルを水に濡らし、適度にしぼる。
②ナイロン袋にタオルを入れ、電子レンジで1分30秒ほど温める。
③タオルの内側にアロマスプレーを吹きかける。
④吹き付けた部分が、肌に直接当たらないようにして、腹部や腰などケアしたい部分にあてる。

Riyu
Riyu

アロマスプレーはすぐに作れるので、精油を買うときには、無水エタノールや精製水も一緒に購入するといいですよ。

アロマスプレーって、どうやって作るの?

【オレンジスイート精油のアロマスプレーの作り方】

<材料>
・オレンジスイート精油 8滴

・無水エタノール 5㎖
・精製水 45㎖
・遮光性スプレー容器、ビーカー、かくはん棒、ラベルシール

<作り方>
①ビーカーに無水エタノールを入れ、精油を慎重に一滴ずつ混ぜる。
②遮光性スプレー容器に無水エタノールに溶かした精油と精製水を混ぜて、よく振る。

希釈濃度0.8%のアロマスプレー、体に吹きかけてもOK。(顔の使いたい場合は精油5滴以下にして濃度0.5%以下にします。)

 

アロマオイルトリートメント

冷え性のためのトリートメント

<材料>

・オレンジスイート精油 4滴
・ローズマリー精油 2滴

・ホホバ油 30㎖
・遮光性ガラス容器
・ラベルシール、ビーカー、かくはん棒

<作り方>

①ビーカーにホホバ油を入れ、精油を慎重に一滴ずつ入れる。
②かくはん棒でよく混ぜ、遮光性ガラス容器に移す。
③ラベルに作成日、精油名など記入して貼る。

希釈濃度1%のハンド・ボディ用のトリートメントオイル。

ブレンドの相性

 オレンジスイート精油はさまざまな精油と相性がよいです。

揮発性が高いので、オレンジスイート精油の香りを持続させたいときは、香りの保留剤として樹脂系とブレンドするとよいです。

■柑橘系・・・グレープフルーツ、レモン、ベルガモット

■フローラル系・・・ラベンダー、ゼラニウム、クラリセージ

■樹木系・・・ローズウッド

■樹脂系・・・フランキンセンス、ミルラなど。

香水

【オレンジスイート精油や香料が使用されている香水の例】

■武蔵野ワークス 
「柑橘系」[Kankitsukei/Kay]

トップ:シシリーレモン、ブラジル産オレンジ、アルゼンチン産マンダリン、メキシコ産ライム
ミドル:ジャスミン
ボトム:ホワイトムスクなど

■CLEAN(クリーン) 
「シャワーフレッシュ オードパルファム」

トップ:レモン、マンダリン、オレンジ
ミドル:ジャスミン、オレンジブロッサム、すずらん
ベース:ムスク、シアーウッドなど

※香水は天然精油ではなく、合成香料を使用している場合が多いです。

オレンジスイート精油のまとめ

 

  • 新鮮なオレンジのジューシーな甘い香り、やわらかさもある。
  • 気分を明るくする、緊張を解きほぐす、心を元気にしてくれる優しい精油。
  • 血流をよくするので、体を温めてくれる作用がある。
  • 光毒性がないので、日中のトリートメントでも、安心して使える。
  • 精油を初めて購入するけど、何がいいのかな?という方の、最初の1本にオススメ。
  • どんな精油とも相性がよい万能な精油。アロマスプレーやアロマトリートメントオイルを作るときにブレンドしやすい。
  • 揮発性が高いので、香りを長くとどめるベースのパチュリ、ベチバー、サンダルウッド、シダーウッド、フランキンセンス、ミルラなどの精油とブレンドするとよい。

 

柑橘系のさわやかさの中に温かみがある精油で、1本持っていれば、ちょっと落ち込んだときにも使えるし、元気になりたいときにもパワーを与えてくれます。

オレンジスイート精油は使いやすく、多くの人に愛される香りですね。

自分の好きな香りを知っておくというのは、自分のことを知るということ。
好きな香りを嗅ぐことで、自然と口角が上がり、笑顔になりますように。。。

ジョンマスターオーガニック

ジョンマスターオーガニック セレクト公式オンラインストア

イランイラン精油オレンジ精油が、甘くさわやかな香り。
はちみつとハイビスカスの保湿・補修力が魅力的なプレミアムなシャンプー。

そして、成分表示があるから、嬉しい。

コンディショナーもあります。
セットで潤いを取りもどしましょう!

H&Hヘアシャンプー(ハニー&ハイビスカス)