【かんたん!】アロマスプレーの作り方(50㎖)と必要な道具

アロマスプレー作り方

はじめての方でも簡単にできる、アロマスプレーの作り方(50㎖)を紹介します。

すぐに完成、すぐに使える。

実はアロマスプレーって、自宅で間単に作れるんです。

好きな香りや数種類の香りをブレンドして、オリジナルのアロマスプレーを作ってみましょう

アロマスプレー作りには精油とビーカー、無水エタノール、スプレーボトル容器、水、混ぜるもの(割りばしなど)があれば作れます。

数本の精油やエタノール、道具をそろえる必要がありますが、すぐに消費してしまうわけではないので、何度もアロマスプレーが作れますよ。

好きな香りのルームスプレーを自分で作れるって、ワクワクしますね!

アロマのことがはじめての方やもっと詳しく知りたい方は、アロマテラピーとは?をぜひ参考にしてください。

【すぐにできる!】アロマスプレーの作り方 (50㎖)

アロマスプレーの作り方

気分が乗らないとき、リフレッシュしたいときにアロマのスプレーを部屋に吹きかけてみましょう。

今回のアロマルームスプレーは希釈濃度は2%になっています。

肌に直接つけないでくださいね。

【 アロマスプレーの作り方 (約50㎖) 】

【必要な道具】

  • 精油・・・合計 20滴 (好きな精油を3~5 種類)
  • 無水エタノール・・・5㎖
  • 水(精製水)・・・45 ㎖
  • 目盛りつきビーカー、かくはん棒
  • 遮光性スプレー容器、ラベルシール

【手順】

1. ビーカーに無水エタノールを5㎖ 入れる。
2. 精油を一滴ずつ加えて、よく混ぜる。
3. 水を45㎖ 加えて、さらに混ぜる。
4. 遮光性スプレー容器にうつし、よく振る。
5. ラベルシールに作成日や精油名を記入して、貼る。

かくはん棒は割りばしでもOKです。

順に混ぜて、容器にうつす。これで、できあがり!

アロマスプレーは精油とエタノール、水を混ぜるだけなので、焦らず落ち着いて作ってみましょう♪

容器の口を閉めたら、使う前によく振ってください。

おしゃれなラベルシールを貼れば感じもよくなり、世界にひとつのオリジナルアロマスプレーが完成です。

あとは、注意点を確認しましょう。

【注意点と道具のお手入れ】

  • 無水エタノールに精油をとかす。(精油は水にほとんど溶けない)
  • 冷暗所に置き、約2週間程度で使い切る。
  • 精油は直接、肌につかないようにする。
  • 保存料などを使用しないので、手指や道具は清潔にして製作する。
  • 空になったスプレーは中性洗剤で洗ったあと、煮沸消毒する、またはアルコール消毒して保管する。

アロマスプレーは簡単に作れますが、注意点もあります。

精油は引火性があり、また直接肌につけてはいけません。

精油の扱い方や注意事項をくわしく解説してありますので、ぜひこちらも読んで参考にしてください。

アロマテラピーとは?

手作りアロマスプレーに必要な道具

アロマスプレー作りに必要な道具

自分が選んだ好きな香りを合わせて作る、オリジナルのアロマスプレー。

自宅でアロマスプレーを作るときに、必要な道具をくわしく見ていきましょう。

必要な道具
  • 精油(エッセンシャルオイル)
  • 無水エタノール
  • 精製水(水道水・飲料水でも可)
  • 目盛りつきビーカー
  • かくはん棒(耐熱のガラス棒)
  • 遮光性のスプレー容器
  • ラベルシール

ディフューザーだけでアロマを楽しんでいた人も、アロマスプレーを作ることで世界がひろがります。

精油(エッセンシャルオイル)

まずは、天然の精油について。

植物から作られた100%天然の精油(エッセンシャルオイル)を選びます。

精油は実際の香りを確認するのがよいですが、信頼できるブランドのネット購入もいいでしょう。

まずはなじみのある香りから、試してみるとよいですね。

また、購入の前に精油の効能や注意点も確認してみましょう。

精油の選び方のコツ

【精油を選ぶときのポイント】
  • 好きな香りの天然精油を選ぶ。
  • 気になる作用の精油をプラス。
  • 一度にたくさんの精油を買わない。
  • AEAJ表示基準適合認定精油、精油に対する品質認証があるかなど。

人気のあるラベンダーや、すでに香りを知っている柑橘系のオレンジスイートグレープフルーツレモンなどは香りが予想できるので、オンラインショップでも購入しやすいですね。

ヒノキ科のサイプレスジュニパーベリーは樹木系なので、スーッとした感じ。

また、ジャスミンローズなども、親しみがあり、華やかな香りが想像できます。

精油の選び方は、まずは好きだなと思う香りを選ぶこと。

アロマスプレーは好きな香り1種類だけで作ってみてもいいし、数種類ブレンドしてもいい。

作ったものは自分だけのオリジナルになるので、愛着がわきます。

効能が気になる精油をチェックする。

また、同時に精油の禁忌や注意点を確認しましょう。

そして、はじめは3~5本の少量の精油を購入しましょう。

ちなみに柑橘系精油は揮発しやすく、使用期限は約6ヵ月です。

精油ブランドによって、同じ種類の精油でも香りが少し異なる。

生産地の土壌や気候、植物の生育状況によって、香りに多少の違いが出てきます。

また、精油を購入する際は、精油のブランド名だけでなく、生産地や、オーガニックへのこだわり、認定機関の品質認証なども、選ぶときのチェックポイントです。

おすすめの精油セット

■精油 3本セット 

ラベンダー、ティートリー、オレンジスイート 各3㎖ 

代表的な精油の3本セットになっています。

少量タイプなので、気軽に試しやすいですね。

10種類の精油が試せる検定用セットを利用する!

■エッセンシャルオイル入門セット 1級対応 10本セット

  • クラリセージ、グレープフルーツ、サンダルウッド、イランイラン、ジュニパーベリー、ベルガモット、スイートマジョラム、レモングラス  各1.2㎖
  • ネロリ、ローマンカモミール  各0.2㎖
  • ムエット、スポイト付。

1.2㎖ずつのセットで、0.2㎖はネロリとローマンカモミール。

1級と2級対応で精油の種類が異なるので、まずは気になるほうを選んでみるとよいですね。

私がアロマテラピー検定1級を受験するときにも購入しました。

香りテストの試験範囲1級と2級の精油なので、いずれアロマテラピー検定に挑戦したい方にもオススメ。

エッセンシャルオイル入門セット 2級対応 10本セット

  • フランキンセンス、スイートオレンジ、ゼラニウム、ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー 各1.2㎖
  • ローズ(アブソリュート)0.2㎖
  • ムエット、スポイト付。

こちらも1.2㎖のセットで、0.2㎖はローズ(アブソリュート)。

いろいろな種類を試してみたい!という方にはぴったり。

高価な精油や基本の精油がセットになっているので、アロマスプレー作りやアロマクラフト作りにもおすすめのセットです。

ムエットという細長い試行紙に2、3種類の精油を垂らし、ブレンドした香りがどんな香りになるか、確認ができます。

【検定セットのポイント】

  • それぞれの検定用セットは、10種類の精油が入っている。
  • スポイトで吸引する口が広い瓶、他の精油を使うときはスポイトを洗う必要がある。

検定については、アロマテラピー検定2級1級が毎年5月と11月に開催されています。

公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ) が実施していて、最近はインターネット受験で自宅のパソコンなどから受験できます。

興味のある方はアロマテラピー検定2級1級とは?で内容をくわしくチェックしましょう。

要チェック!小さいスポイトの洗い方

1つの精油を吸引したあとは、精油が少しスポイトに残ります。

そのままだと、次に使う精油瓶に混ざり、成分が変化してしまうので、無水エタノールを吸引させてスポイトの中を洗いましょう。

何度か無水エタノールを吸引させたあと、先のほうを水洗いし、水分を拭きとります。

また別にスポイトを何本か準備したり、香りの強い精油のスポイトを決めるなどして使い分けましょう。

【参考】

  • 精油瓶(ドロップタイプ)の精油は1滴が約0.05㎖
  • スポイトで吸引するときの精油は1滴が約0.025㎖


スポイトで精油を垂らす場合は1滴の精油量が少なくなるので、注意しましょう。

※精油瓶から直接落ちるドロップタイプの多くは0.05㎖ですが、フロリハナ(1滴0.03㎖)などブランドによって異なるので、外箱や添付の説明書を確認しましょう。

無水エタノール

精油を溶かすのに必要な無水エタノール

最近はドラッグストアでも品薄になっている場合があります。

アロマスプレー作りには欠かせないので、チェックしておきましょう。

購入するときは、無水エタノール(エチルアルコール)であることをしっかりと確認しましょう。

また、精油や無水エタノールは引火性があるので、火気の近くで使用しないでください。

精製水(水道水や飲料水でもOK)

アロマルームスプレーならば、水道水や飲料用の水でも大丈夫です。

フェイス・ボディスプレーなら、精製水を使うとよいでしょう。

よりリッチなアロマスプレーにしたいときは、フローラルウォーター・ハイドロゾル(芳香蒸留水)と言われる、精油を抽出するときにできる芳香水を使用するのもよいです。

【ポイント】

手作りのアロマスプレーは保存料を使用しないので、約2週間を目安に使い切る

耐熱性のガラスビーカー

耐熱のガラスビーカーがおすすめです。

というのは例えばアロマクリームなどを作りたいときはミツロウをビーカーに入れて溶かすので、耐熱性が望ましいというわけです。

30~50㎖サイズが便利、2種類ほどあれば今後もクラフト作りで役にたちます。

しかし、アロマスプレー作りでは1つあれば十分。

また、アロマスプレー作りは加熱する工程がないので、プラスチック製のビーカーでも大丈夫です。

かくはん棒(耐熱のガラス棒)

かくはん棒は、できれば耐熱のガラス棒がよいですが、割りばしでも大丈夫。

この先アロマクラフトや手作りコスメに挑戦したい方は、今そろえておくと便利です。

遮光性スプレー容器

なぜ、遮光性がよいのか?

それは精油は紫外線によって、成分が変化してしまうからです。

精油も遮光性のビンに入って販売されていますね。

また、手作りものもは紫外線の影響を受けやすいので、色のついた遮光性容器をおすすめします。

また、精油成分のリモネンなどは、プラスチックを溶かす力があることで知られています。

精油だけをスプレー容器に入れるわけではありませんが、できればガラス製を準備するといいですね。

そして、安価な容器は避けたほうがよいでしょう。

まとめ&希釈濃度のこと

初心者でも簡単にアロマスプレーが作れるように、作り方と必要な道具と材料を紹介しました。

注意事項もよく確認しておきましょう。

精油に興味があるけどよくわからないという方は、アロマスプレーを作るまえにアロマテラピーについても読んでみましょう。

わかりやすい解説と注意点を記載してあります。

また、アロマスプレー作りはかくはん棒の代わりに竹ぐしや割りばしなど、混ぜられるものを使用しても問題ないですよ。

しかし、目盛りつきビーカーの代わりになるメジャーカップは料理用とは別のものを用意しましょう。

アロマスプレーだけでなく、化粧水・クリーム・トリートメントオイル・リップクリームなど、いろいろ作りたいという方は、最初に必要なものをそろえておくと、次に作るときに取りかかりやすいです。

また、玄関や寝室、リビングなど場所に合わせて、精油を替えて作ってみるのもおもしろいですよ。

あなただけのオリジナルアロマスプレーで癒されてくださいね。

どんな香りにしようか、作るのが楽しみですね!

参考:希釈濃度と精油の滴数

アロマスプレーのほか、アロマクラフト作りの参考にしてくださいね。

【 精油の濃度と精油の必要な滴数 】

 濃度 0.5%濃度 1.0%
基材の量 10㎖  精油 1滴 精油 2滴
     20㎖     2滴    4滴
     30㎖     3滴    6滴
     50㎖     5滴    10滴

【 希釈濃度の目安 】

フェイス用は 0.1~0.5% 以下
ボディ用は  1.0%    以下

肌につけるアロマクラフト作りには、敏感肌の方は目安より低い濃度で始めましょう。


【濃度と精油の滴数】

基材の量×濃度÷精油1滴の量=精油の必要滴数


たとえば 50㎖×0.01÷0.05=10滴。

(無水エタノール50㎖、希釈濃度1%、精油1滴の量0.05㎖の場合、精油の必要な滴数は10滴)


希釈濃度を確認したいときは、計算式に当てはめて、必要な精油の滴数を出します。

精油をたらすときは、振って出さないように、慎重に一滴ずつ落ちるのを待ちます。

必要なものをそろえ、心の準備もできたら、実際にアロマスプレーを作ってみましょう

うーん、手作りはもう少しあとで、という人はまずは市販の天然アロマスプレーを使ってみてもいいですね。

天然アロマスプレーを使ってみる

■インセントオンラインショップ

アロマスプレー  レモングラス 天然精油そのままの香り

150㎖ 価格:1,221円(税込)

レモングラスはレモンによく似た香りのする細長い葉のこと。

エタノールの代わりに「特殊還元水」を使用。

電気分解・生成された還元水で、高いマイナスイオン濃度、消臭効果、抗菌効果、防錆効果、防カビ効果、防腐効果、帯電防止効果、再付着防止効果などの性能がある。