メリッサ(レモンバーム)とレモングラスの違いは?禁忌と効果効能

レモンバームの葉から抽出されるレモンに似た香りのメリッサ精油

レモングラスは名前がレモンバームに似ていて、香りも同じレモンのような感じなので、どう違うのかわからなかったりしますね。

そこで今回は、シソ科のメリッサ(レモンバーム)精油イネ科のレモングラス精油の違いを比較します。

そして、メリッサ(レモンバーム)精油の効果効能、皮膚刺激があるという注意点と禁忌、生活の木をはじめとする各精油ブランドの価格、おすすめの使い方などを紹介していきます。

また、メリッサ(レモンバーム)の成分が認知症のひとつ、アルツハイマー病の予防に効果的であると注目されているので、普段の生活に取り入れる方法もみていきましょう。

メリッサ(レモンバーム)とは?

メリッサ(レモンバーム)とは?

メリッサ(レモンバーム)はみつばちが好むハーブ

精油名ではメリッサ(レモンバーム)、ハーブ名ではレモンバーム

地中海沿岸原産の多年草で、メリッサの別名がレモンバーム、ビーバームセイヨウヤマハッカといくつもあります。

※ちなみにペパーミントの別名はセイヨウハッカ

シソ科コウスイハッカ属のハーブで、みつばちが白い花を好むことからギリシャ語でみつばちの意味の「メリッサ」という名前がつきました。

ヨーロッパ地中海地方では古来より蜜源植物として栽培され、はちみつを収穫してきました。

メリッサの植物自体は繁殖しやすいのですが、葉から採れる精油の量が少ないので(採油率が低い)、高価な精油となっています。

また、中世から16世紀にかけてメリッサが蒸留されると、鎮静作用や強心作用があることからエリクシール(不老不死の妙薬)と呼ばれたという話があります。

鎮痛作用がすぐれているので、中世の修道院では生命力を強化する万能薬とされていました。

このような言われもあり、メリッサは希少性のある貴重な精油として知られています。

メリッサ(レモンバーム)とレモングラスの違いと共通点は?

メリッサ(レモンバーム)とレモングラスの違い

レモンバームとレモングラス。

名前は似てますが、属する科も見かけもかなり異なります。

メリッサ(レモンバーム)とレモングラス の比較

メリッサ(レモンバーム)レモングラス
産地イタリア、フランス、イギリス
ほか地中海地方
インド、スリランカ、インドネシア
ほか亜熱帯地方
科名シソ科
葉は小さくギザギザでミントに似た形
イネ科
葉は細長く平らでイネのような形
主要成分シトラール48.3%(ゲラニアール28%、
ネラール20.3%)、β‐カリオフィレン17%
シトラール76%(ゲラニアール44%、
ネラール32%)、ゲラニオール5%
ノートミドルトップ
料理ハーブティー、肉・魚料理、ドレッシング
サラダ、ソース、デザート
スパイス、ハーブティー、カレーや
トムヤンクンなど東南アジアの料理
禁忌皮膚刺激あり。妊娠中は使用しない。皮膚刺激あり。妊娠中は使用しない。
精油価格例 11,000円 / 3㎖例 660円 / 3㎖

メリッサ(レモンバーム)は葉からの採れる精油の量(採油率)が低いので、希少性があり高価。いっぽう、レモングラスは手ごろな価格。

ちなみにハーブの苗の価格は、レモンバームもレモングラスも、300~500円ほどで購入できます。

ガーデニングが好きな方はハーブを育てて、メリッサ本来の自然のアロマやハーブティーを楽しむのもいいですね。

メリッサ(レモンバーム)とレモングラスの共通点

メリッサ(レモンバーム)もレモングラスもレモンに似た香りで、清涼感があります。

  • メリッサ(レモンバーム)はレモンとハーブを足したような感じで、ゆっくりとレモンのような香りが強くなる。
  • レモングラスは薬草のハーバル感は少なく、ジンジャーが入ったレモンのような強い香りが続く。

レモンの香りの特徴成分は微量に含まれているシトラールによるもの。

ちなみにシトラールとはゲラニアールとネラールの混合体のことをいいます。

メリッサ(レモンバーム)やレモングラス精油、ほかのレモンの香りがする精油にはシトラールが含まれているのでレモンみたい、と感じるのです。

そして、メリッサ(レモンバーム)とレモングラスの比較をみると、レモンに含まれるシトラールの量よりもかなり多いので、レモン精油よりも「レモンの香り」が強いのです。

メリッサ(レモンバーム)とレモングラスに含まれるシトラールの特徴抗ヒスタミン作用や抗菌作用、抗真菌作用です。

いっぽうで、シトラールの化学的分類はアルデヒド類という皮膚刺激がある成分なので、アロマトリートメントなどで、肌に使用するときは高濃度にならないよう注意します。

参考:レモンに似た香りの精油

メリッサ(レモンバーム)、レモングラスレモンマートルレモンバーベナユーカリ シトリオドラ(レモンユーカリ)リツエアクベバ(メイチャン・アオモジ)など。

メリッサ(レモンバーム)精油の効果効能

リラックス鎮静作用メリッサ

心への効能

鎮静作用

動揺した気分を落ち着かせ、感情のバランスを取り、心を元気に戻す。

抗うつ作用

苦痛、ショック、落ち込んだ心をおだやかにし、生きる力を引き上げていく。

体への効能

鎮痛作用

胃痛や月経痛などの痛みを緩和させる。

抗炎症、抗菌、抗真菌作用

優れた抗菌作用あり。
アレルギー性の皮膚炎や呼吸器系のトラブル、風邪の引きやすい時期に芳香浴がおすすめ。

血圧降下、胆汁分泌

不安、緊張がやわらぎ、血圧降下が期待される。胆汁分泌をうながし、消化不良や肝臓の不調なときに。

通経作用

月経不順や月経痛を改善するはたらきがある。

ヘルペスウイルスに有用という報告

口唇ヘルペスを引き起こす、ヘルペスウイルスの1型2型に対して、それぞれ0.0004%、0.00008%の濃度でウイルス感染を50%阻止したとの研究データがあります。

※口唇ヘルペスとは?
単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)とよばれるウイルスが感染しておこり、多くは子どもの頃に感染している。ふだんは体内に潜伏しているが、抵抗力が弱ると口のまわりに発症するもの。

メリッサ(レモンバーム)精油の禁忌・注意点

メリッサ(レモンバーム)禁忌と注意点

メリッサ(レモンバーム)精油の禁忌

メリッサ(レモンバーム)精油の禁忌・注意点

  • メリッサ(レモンバーム)精油は通経作用(月経を促す作用)があるので、妊娠中は使用を控える。
  • 皮膚刺激がある精油、肌が敏感な人や気になる人は芳香浴で楽しむのがベスト。

妊娠中は特に香りに敏感になりやすく、今まで気にならなかった生活の匂いや香りに敏感になり、嫌悪感が出たりすることがあります。

妊娠中のアロマテラピーは芳香浴以外は十分な注意が必要。
精油の禁忌・注意事項を確認し、妊娠初期や妊娠中は避けると書いてあるものは使用しない。

皮膚刺激がある精油です。

芳香成分であるシトラールは化学的分類ではアルデヒド類になります。

シトラール抗ヒスタミン作用、抗菌・抗真菌作用があるいっぽうで、皮膚刺激のある成分です。

気になるときは芳香浴やアロマルームスプレーとしての使用がよいでしょう。

アロマトリートメントオイルでも使用できますが、30㎖に対して1滴の割合でうすめてください。

メリッサ(レモンバーム)は認知症予防に効果的?

レモンバームのロスマリン酸

レモンバームにはロスマリン酸というポリフェノールが含まれる

ポリフェノールは多くの植物に含まれている成分で、活性化酸素を無害な物質にする抗酸化作用が強いことが特徴です。

よく知られているものにカテキン、アントシアニン、カカオポリフェノールなどがあります。

メリッサ(レモンバーム)の成分には、ロスマリン酸というポリフェノールが含まれていて、注目が集まっています。

近年、東京大学、金沢大学他の研究グループが 「ロスマリン酸摂取後の脳内ドーパミンがアルツハイマー病を予防する ポリフェノールの新たな作用機序」として研究発表。

ロスマリン酸を摂取すると、脳内でドーパミンに関連する物質が活性化され、毒性の高いアミロイドβペプチドの凝集ぎょうしゅうを抑制するというもの。

※アミロイドβペプチドとは、強い神経毒性を持つアルツハイマー病患者の脳内に凝集・蓄積するタンパク質のこと。

ロスマリン酸を取り入れることで、ドーパミン関連物質が活性化される。
そのことによりアルツハイマー病に関連するアミロイドβペプチドという毒性のたんぱく質が、脳内に集まって蓄えられるのをおさえる。

ということは、ロスマリン酸を摂取すると、アルツハイマー病の予防に有用だということです。

なるほど、気になりますね。
では、どうやってメリッサ(レモンバーム)の成分ロスマリン酸を取り入れるとよいのでしょうか?

レモンバームのロスマリン酸を生活の中に取り入れよう

レモンバームのハーブティー

メリッサ(レモンバーム)の生の葉や乾燥ハーブを簡単に取り入れる方法は、レモンバームのハーブティーを飲むことです。

そのほかメリッサ (レモンバーム) を料理に取り入れたり、飲み物に使ったりするアイデアがいろいろとありますよ。

要はメリッサ(レモンバーム)はミントの葉の代用になるのです。

  • レモンバームを鉢植えにし、新鮮な葉をハーブティーで飲む。
  • 乾燥したレモンバームのハーブティーを飲む。
  • レモンと合わせて、レモンバーム入りのレモネードを作る。
  • スパゲティ、ヨーグルトにのせ、生葉を食べる。
  • 葉をきざみマリネにあえたり、オリーブオイル、スパイスと混ぜ、ソテーのソースにする。
  • パンやクッキー、スコーンに混ぜて焼く。
  • きざんだレモンバームの葉とツナ、マヨネーズを混ぜ、サンドイッチにする。

・・・きりがないので、これくらいにします。

参考:クックパッドHP

また、レモンバームやレモングラスなどのハーブを使ったモヒート風カクテルは夏にぴったりです。

参考:S&B公式HP

  • ハーブティー:片手のひらに山盛り分のレモンバームの葉をティーポットまたはマグカップに入れて、お湯を注ぎ、5分おいて飲む。
  • ミントの代用になり、いろいろな料理やドリンクにして摂取できる。

嗅覚をきたえ、脳に刺激をあたえる

近年メディカルアロマテラピーが話題で、香りの刺激は医療の現場でも積極的に取り入れられるようになってきました。

実は嗅覚は年をかさねると鈍くなっていきます。

心地よい香りを嗅いで、五感のひとつである嗅覚をきたえ、脳に刺激をあたえることが大切です。

老化すると嗅覚はだんだんと衰え、少ない匂いや香りの量では嗅覚刺激が脳に伝わりにくくなります。(専門的には匂いの閾値いきちが高くなると言います。)

そこで、

  • 好きな精油や香水を嗅ぐ、いい匂いの食べ物、美味しいハーブティーを飲食する。
  • 精油を使った芳香浴で、脳に刺激をあたえ、嗅覚をきたえる。

香りや匂いの世界や知らなかったことを学び、吸収することは楽しいですね。

好奇心のワクワクを思い出し、心と体の健康的な生活で認知症予防につなげていきましょう。

【香りで嗅覚をきたえ、脳を刺激する方法】

メリッサ(レモンバーム)など、超音波ディフューザーに精油をたらし、香りを楽しむ。

レモンバームのハーブティーを飲んでみる

生活の木 

私の30日茶 おやすみ前のカモマイルブレンド
30個入り 税込1,944円(公式HP価格)

公式HP 生活の木 私の30日茶

こちらは税込2,004円 Amazon primeなら配送無料。

原材料:カモマイルジャーマン(エジプト産)、レモンバーム、レモンマートル、リンデンフラワー、カリフォルニアポピー、パッションフラワー、マジョラム、バジル、バレリアン、アグリモニー

10種類のハーブを配合。
カモマイルの優しい風味をベースにしたハーバルで爽やかな香りが特徴。

合同会社ケレナ 

レモンバームティー(メリッサ・ハーブティー・ノンカフェイン)
1.5g×50ティーバッグ  税込1,370円

レモンの香りがするノンカフェインのレモンバームティー。

酸味はなく、ほのかな甘みで、個人的にはカモミールティーより飲みやすいです。
レモンバーム単品のハーブティーを飲んでみたい方に!

メリッサ(レモンバーム)精油のブレンドレシピ

香りの強さは中程度、香りの持続性はミドル。

柑橘系、フローラル系、ハーバル系、樹脂系、スパイス系などほとんどの精油と相性はよいです。

特にシトラールの入ったレモン、レモングラス、レモンマートルやカモミールやゼラニウム、ローズウッド、ラベンダーなどが特に相性がよいです。

メリッサ(レモンバーム)精油の価格は?

メリッサ(レモンバーム)は高価な精油。
精油専門店の生活の木の価格でいうと、ダマスクスローズやキンモクセイについで3番目くらい。

「メリッサ(レモンバーム)精油」と記載があってもあまりに低価格なものは、レモングラスやレモンバーベナなどの精油が混ぜられている場合もあるので、注意してください。

ちなみに精油1㎖は約20滴分になります。(精油1滴は約0.05㎖)

※価格の目安は公式オンラインストアでの価格を表示。

ニールズヤードレメディーズ

オーガニックにこだわるイギリス発祥のヘルス&ビューティブランド。英国ソイルアソシエーション認定オーガニック精油などを扱う。サスティナブル&エシカルな理念をかかげるブランド。

生産国:イギリス
価格:2.5㎖ 13,530円(税込)

レモンバームの全草から丁寧に抽出した、甘いレモンのような香り

生活の木

国内外の提携農園(パートナーファーム)から厳選したオーガニックハーブや精油、植物油などの販売。全国約110店舗の直営店あり。エコサート、JASなどの認証を受けた有機精油もあり。

原産国:フランス
価格の目安:1㎖ 4,400円(税込)3㎖ 11,000円(税込)

フレーバーライフ(Flavor Life)

アロマテラピー商品の通信販売を日本で最初に始めた会社。
英国Aromatherapy Trade Council(アロマテラピー精油取引協議会)及び、Soil Association(英国土壌協会)加盟社より輸入し、100%ピュア&ナチュラルな精油を販売。

原産国:イギリス
価格の目安:3㎖ 7,150円(税込)、10㎖ 22,000円(税込)(受注生産)

フロリハナ(FLORIHANA

フランスにフロリハナ蒸留所を持ち、エコサート・JAS認定100%オーガニックなど、オーガニック認定商品にこだわり、精油を蒸留販売。こちらは1滴が約0.03㎖。

原産国:フランス
価格の目安:2.26㎖(2g)5,720円(税込)、5.65㎖(5g)11,770円(税込)

■こんな精油ブランドを紹介しています。

  • オーガニック先進国などの認証機関で精油の品質検査がされている。
  • 精油ブランドや販売店が、輸入された精油を企業独自に成分分析をしている。
  • 精油の成分分析表などの表示がある。

精油ブランドによって、同じ精油でも香りの雰囲気が少し異なることもあります。

原料になる植物が育つ産地や収穫時期が異なることで、含まれる芳香成分に多少の違いが出てくるからです。

メリッサ(レモンバーム)精油のプロフィール

メリッサ(レモンバーム)
精油名メリッサ(レモンバーム) Melissa (lemon balm)
学名Melissa officinalis(メリッサ オフィキナリス )
科名シソ科
主な産地アメリカ、イギリス、イタリア、フランスなど
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
主要成分シトラール、β-カリオフィレン、シトロネラール
ゲラニオール、リナロールなど 
ノートミドル
印象さわやかでレモンに似た香り、ややハーバル感あり。
注意事項皮膚刺激あり。(アロマトリートメントは低濃度に希釈)
妊娠中は使用を避ける。

メリッサ(レモンバーム)精油のまとめ

メリッサ(レモンバーム)精油は、感情のバランスをととのえ、精神的なストレスからくる不調(不眠・うつ・パニック・動悸・頭痛・精神疲労など)をやわらげ癒してくれます。

また、鎮静、鎮痛、抗菌、抗ウイルス、抗アレルギー作用などがあり、消化不良や月経痛、口唇ヘルペス、花粉症などにも効果的です。

そして、ハーブに含まれるロスマリン酸がアルツハイマー病の予防によいと期待されています。

メリッサ(レモンバーム) のレモンに似た香りの芳香浴で脳を刺激したり、生葉や乾燥リーフを利用した食べ物やドリンクでさわやかさを楽しみたいですね。

もっとアロマのことを知りたい!アロマテラピー検定とは?

香りの感じ方や表現は千差万別、正解不正解はありません。

自分の香りに対する感性を大切にしていきましょう。