ネロリ精油の効果効能と注意点、おすすめの使い方と代用できる精油

ネロリはビターオレンジの花から採れる精油です。

イランイランジャスミン、そしてローズのようにびらから採取される貴重な精油。

樹齢20年以上のビターオレンジの開いて間もない白い花を丁寧に一つ一つ手摘みされ、ネロリ精油が作られます。

精油を採るためにはビターオレンジの花の量がかなり必要になることから、希少性があり、精油の中でも高価な精油です。

でも、ネロリの深いシトラスとフローラル感は魅力的で、心を癒す香り。

そこで、使いやすいネロリの天然香料を利用した香水やフレグランス商品などを紹介していきます。

ネロリ精油の効果効能や禁忌・注意点も解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

アロマは、フレーバーライフ【フレーバーライフ】

ネロリ精油の効果効能

ネロリ精油の香り成分から、心と体にどんな効果効能が期待されるのか、チェックしましょう。

心への効能

  • 鎮静作用:心を鎮めてリラックスさせる。
  • 抗うつ:心理的ストレスが強く、深く傷ついたときに。不眠にも。
  • 抗不安:感受性が強くなりすぎるときに、平和な感情を取りもどす。
  • 神経強壮:神経を刺激し、活性化させる。
Riyu
Riyu

傷ついた心を励まし、安らぎをあたえる。

そして再出発へとリードしてくれるネロリ精油。

体への効能

  • ホルモン分泌調整:月経前症候群(PMS)や更年期の不調に。
  • 皮膚細胞活性作用:皮膚の老化防止(しみ、くすみ)、乾燥肌のスキンケアに。
Riyu
Riyu

しみ・くすみ予防、スキンケアに効果的なのもうれしい!

ネロリのお話

ネロリの花

ネロリとは?

ネロリ精油は初夏にビターオレンジの木に咲く白い花からとれる精油です。

ネロリの香りは芳醇で豊かで、心を安定させる効果がある。

でも高価なんですよね、その理由は?

  • 開花したばかりの花を手作業で一つ一つ摘むので、手間がかかる。
  • 1000㎏の花から、わずか1㎏の精油しか採れない。

そのため、花を摘んで精油を採るネロリもローズやジャスミンの精油と同じように希少性があるのです。

そして、ネロリの名前の由来については次のような話があります。

17世紀のイタリア・ネロラ公国のアンナ・マリア公妃手袋の香りづけに愛用したことが始まりと言われ、とても良い香りが評判になり、ネロラ公国から名づけられたと言われています。

■参考:生活の木 ネロラ公妃 アンナ・マリアが愛した香り

また、ネロリの実ビターオレンジの和名はダイダイ(橙)です。

ダイダイと言えば、お正月の飾りや鏡餅にのせるミカンのこと。

1つの木に新旧の実がなることから、代々に通じるということで、縁起の良いものとされています。

ヨーロッパで育つビターオレンジの木は「サワーオレンジ」という品種で、厳密には日本のダイダイとは異なりますが、ネロリ精油が少し身近に感じられますね。

そして、ビターオレンジの同じ木から採れた精油でも部位と成分が変わるだけで、香りの特徴が変わってきます。

ビターオレンジは樹高約5mの常緑樹で、次の3種類の精油が採れます。

からはネロリ精油
葉と枝からはプチグレン精油
からはビターオレンジ精油

そこで、ビターオレンジ種とスイート種から採れる精油の違いを表にしてみました。

オレンジの品種ビター種  スイート種 
植物名ビターオレンジスイートオレンジ
和名ダイダイアマダイダイ
果皮ビターオレンジ精油オレンジスイート精油
ネロリ精油
枝葉プチグレン精油
果実酸味と苦みが強い
マーマレード、リキュールなどの加工品
酸味と甘み
そのまま食用やジュースなどの加工品 
ビターオレンジの精油とスイートオレンジの精油

プチグレン精油はウッディ感に甘さとさわやかな香りがあります。

プチグレンはネロリの香りと少し異なりますが、ネロリ精油と似たような心を安定させる作用があります。

価格についてはネロリより購入しやすいので、ネロリ精油の代用としてアロマブレンドによく使われます。

また、ビターオレンジ精油メンタルへの鎮静作用が強いと言われています。

しかし、ビターオレンジ精油は光毒性があるので、アロマトリートメントよりアロマディフューザーを使うほうがいいです。

柑橘の香りのアロマトリートメントなら、ネロリやオレンジスイート精油がおすすめです。

ほかに、オレンジの仲間の精油ブラッドオレンジ精油、タンジェリン精油、マンダリン精油、クレメンタイン精油、ミカン(サツマ)精油などがありますが、流通量は少ないです。

アロマは、フレーバーライフ【フレーバーライフ】

ネロリ精油の香りの特徴

ネロリの香りは、成熟した大人の香り。

わずかなほろ苦さがあるようでないようなレベルでただよわせつつ、しっかり柑橘のさわやかさを持つ。

そして、フローラル感が全体をつつむ、素敵な香りです。

花からとれる精油だけど、柑橘の実の香り。

花からとれる精油だから、甘さがある香り。

そして、ビターオレンジの花ゆえのわずかな苦み。

ネロリの香りには、ネロリドールという特徴成分が含まれています。

わずか1~5%ほどしか含まれていませんが、ネロリの芳醇な香りを決定づけています。

ネロリ精油の価格について

ネロリ精油は、希少性のある芳醇な香りと収穫に手間がかかることから、高価な精油ですね。

がんばった自分へのご褒美にネロリのアロマを購入するのも素敵です。

価格の目安は公式オンラインストアでの価格。

■生活の木

原産国:チュニジア
価格の目安:1㎖ 3,300円(税込)、3㎖ 9,350円(税込)

フレーバーライフ

原産国:パプアニューギニア
価格の目安:3㎖ 7,700円(税込)

フロリハナ

原産国:モロッコ
価格:2.31㎖ 8,470円(税込)
1滴が0.03㎖、エコサート・jas認定100%オーガニック

ニールズヤードレメディーズ

原産国:チュニジア
生産国:イギリス
価格:2.5㎖ 8,360円(税込)

公式ホームページはこちら↓

ニールズヤード レメディーズ

精油瓶から出てくる精油の量は、1滴が約0.03~0.05㎖です。
3㎖の精油瓶であれば、約60滴分使用できます。

ネットで精油を購入するときのポイント

  • 各ブランドのホームページを見て、安心できる精油の専門店かどうか確認する。
  • オーガニック先進国などの認証機関で精油の品質検査がされているか、また、精油ブランドや販売店が、輸入された精油を企業独自に成分分析をしているか。
  • 精油の成分分析表などの表示があるか。

ネットショップではフレーバーライフなど、安心できる精油ブランドから天然精油を選びたいですね。

ネロリ精油を使ったラグジュアリーな芳香浴で、自分へのご褒美を。

ただ、ちょっと高価なネロリ精油なので、まずはネロリのアロマブレンドオイルネロリ香料のフレグランス商品を試すといいでしょう。

アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

ネロリ精油の魅力

ネロリ精油の一番の魅力は、心が不安定なときに気持ちをおだやかにしてくれること。

鎮静作用があるので、気持ちを落ち着かせてくれるのです。

アロマの研究では、セルフハンドトリートメント不安感が解消したという報告もあります。

自信が持てないとき、無気力感のあるときに、ネロリのアロマトリートメントを取り入れてみるとよいですね。

また、ネロリ精油の香りを嗅ぐと、皮膚温度が上昇したという報告もあるので、寒い時期にアロマディフューザーを使った芳香浴もよいでしょう。

そして、ネロリ精油に含まれるゲラニオールには肌の皮膚や組織を引き締める、収れん作用があることから、皮膚細胞の活性化によいとされます。

ゲラニオールはゼラニウム精油ローズ精油の芳香成分でもあり、スキンケアに効果があるとされているので、多くの化粧品やボディケア用品に含まれています。

特徴成分のネロリドールは女性ホルモンに作用するので、月経前症候群(PMS)更年期障害などに有効とされています。

月経前症候群(PMS)とは

生理前に心と体に起こる不調。
イライラや憂うつ感、怒りやすい、だるいなどの情緒不安定や頭痛、胸の張り、むくみ、眠気などがあり、女性の80%近くがPMSの症状を感じている。さらに不調が重度のものを月経前不快気分障害(PMDD)という。

PMSや更年期障害が気になる人はネロリの香りを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • ネロリ精油をキャリアオイルに混ぜ、セルフトリートメントをして、不安感を解消する。
  • ネロリ精油を使ったアロマコスメをスキンケアに活用し、皮膚細胞を活性化する(ほかにゼラニウム精油やローズ精油など)
  • 月経前症候群(PMS)や更年期障害が気になるときは、ネロリ精油のアロマを嗅いだり、ボディトリートメントを試してみる。

ネロリ精油の禁忌・注意点

ネロリ精油の注意点

特になし。(光毒性の原因となるベルガプテンが含まれているが微量)

ネロリ精油を扱うにあたって、禁忌や注意点は特にありません。

ただ、実際の数値としては光毒性の原因となる、フロクマリン類のベルガプテンが10.5㎎/㎏ 含まれています。

しかし、ベルガモット精油のように必要以上に神経質になる量ではないので、精油メーカーでもネロリ精油の光毒性については触れられていません。

少し気になる人は夜にアロマトリートメントを行うようにするとよいでしょう。

ネロリ精油のおすすめの使い方

【フェイス用トリートメントオイル 50㎖】

【材料】

  • ネロリ精油 2滴(or プチグレン精油 2滴)
  • ゼラニウム精油 3滴
  • アルガンオイル 50 ㎖
  • ビーカー、かくはん棒
  • 遮光性ガラス容器、ラベルシール

【手順】

1. ビーカーにアルガンオイルを 50㎖入れる。
2. 精油を5滴、慎重に加え、よくまぜる。
3. 遮光性ガラス容器にうつす。
4. ラベルシールに作成日と精油名を記入して貼る。

※手作りのトリートメントオイルなので、1ヶ月程で使い切りましょう。

ゼラニウムも肌細胞の再生や弾力回復に効果的な精油で、プチグレン精油もお肌の皮膚組織活性によいので、ネロリ精油の代わりとして使えます。

ほかにローズフランキンセンス精油もスキンケアをサポートしてくれる精油です。

いろいろなアロマ精油の特性と注意点を確認しましょう。

限定キット

ネロリ精油のブレンド相性

ネロリ精油はほとんどの香りグループで調和します。

同じような肌に有用な作用があるゼラニウム、ローズ、フランキンセンス精油などとブレンドすると、相乗効果がアップします。

また、柑橘系のオレンジスイート、ベルガモット、プチグレンなども心を落ち着かせてくれる精油です。

■柑橘系:プチグレン、オレンジスイートグレープフルーツレモンベルガモット

■フローラル系:ジャスミンローズオットーカモミールローマン

■ハーバル系:ラベンンダーゼラニウムスイートマージョラムローズマリー

■樹木系:サイプレスジュニパーベリー

■樹脂系:フランキンセンス

トコトワオーガニクス ネロリとジャスミン、日本高野槇の香りのオーガニックの香水

ネロリ精油のプロフィール

精油名ネロリ
学名Citrus aurantium( キトゥルス アウランティウム )
科名ミカン科
主な産地イタリア、チュニジア、フランス、モロッコなど
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
主要成分リナロール、リモネン、酢酸リナリル、ネロリドール、ゲラニオール、ネロール 
ノートミドル
印象柑橘系のさわやかさとフローラルな甘さ
注意事項特になし
Riyu
Riyu

植物の名前はビターオレンジ。

精油の名前はネロリ。

ネロリ精油のまとめ

  • 香りはシトラス感とフローラル感があり、ほんの少し苦みも感じられる。
  • ビターオレンジの木から、ネロリ精油、プチグレン精油、ビターオレンジ精油がと採れる。
  • 心が不安定なとき、傷ついたときに立ち上がる力をくれる。
  • 月経前症候群(PMS)や更年期障害にも効果的。
  • 皮膚細胞活性作用があり、肌の老化予防など、スキンケアに役立つ。
  • ネロリ精油は希少性があり高価。プチグレン精油は作用が似ているので代用ができる。(プチグレンの香りは柑橘とウッディ感あり)

ネロリ精油は光毒性にそれほど神経質にならずに使えますし、メンタルサポートの強い味方。

心にも体にも魅力的な作用があるので、辛いときには香りを嗅ぎたい精油です。

ネロリ精油が入った、お手ごろなアロマブレンドオイルフレグランス商品もあるので、気軽に試してみるのもいいですね。

ジョンマスターオーガニックのように成分にこだわるブランドもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

優雅でさわやかなネロリの香りで癒されますように。

ジョンマスターオーガニック

ERBAVIVA(エルバビーバ)のRE ボディスプレー 110㎖ 
4,290円(税込)送料無料。(シャンプー・コンディショナー10㎖の無料サンプルつき )

ラベンダー、ゼラニウム、プチグレン、ローズ、ネロリなどの精油が入ったボディスプレー。

ほとんどがオーガニック認証取得の精油!

ボディスプレーで検索

ジョンマスターオーガニック セレクト公式オンラインストア

CODINA(コディナ)

コディナ アルガンオイル 100㎖ 5,060円(税込)送料無料。

100%ピュアなアルガンオイルは顔、体、髪、爪や指先など全身に。

美肌に欠かせないビタミンEがオリーブオイルの2~3倍!

ネロリ精油を数滴混ぜて、アロマオイルトリートメントが簡単にできる!

植物油の博士が選んだ高品質なアルガンオイル【CODINA(コディナ)】

いろりろなアロマの楽しみ方をチェックしましょう!