ティートリー精油に抗菌作用はある?効果効能と禁忌・注意点、おすすめの使い方

空気を浄化したいとき風邪の季節に大活躍するティートリー精油。

最近はマスクスプレーなどに使われることも多く、ハーバルな薬草の香りを楽しむより、どちらかというと生活に役立つ精油と言えます。

そして、ティートリー精油は抗菌作用があるといわれますが、ほかの優れた効果効能や禁忌・注意点などもみていきましょう。

また、ティートリー精油を使ったアロマルームスプレーなど、おすすめの使い方も紹介しています。

ティートリー精油の特徴やアロマ、作用なども確認し、上手に生活に取り入れていきましょう!

ティートリー精油の効果効能

ティートリー精油の香り成分から、どんな効果・効能が期待されるのか、チェックしましょう。

心への効能

  • 副交感神経強壮:精神疲労、無気力なときにリフレッシュさせる。

体への効能

  • 抗菌作用:細菌の増殖を抑え、感染を予防。水虫菌、傷やニキビなどに。
  • 抗真菌作用:真菌の増殖を抑え、感染を予防。浴室の黒カビなどに。
  • 抗ウイルス作用:強い殺菌力があり、風邪やインフルエンザなどの感染症予防に。
  • 抗炎症作用:虫刺され、やけど、日焼け、頭皮の乾燥などに。
Riyu
Riyu

ティートリー精油のブレンドをアロマディフューザーで香らせて、部屋の空気をすがすがしくしましょう。

ティートリー精油の魅力

成分のテルピネン-4-オールには、抗菌、抗ウイルス、抗真菌、抗炎症作用があります。

また、にきび肌の改善水虫の制菌作用が認められたという研究報告があります。

そのため、ティートリーの抗菌・抗炎症作用を生かしたヘアケア商品や、また殺菌作用は消毒や空気を浄化するアロマスプレーとして、よく利用されています。

また、浴室の黒カビの制菌作用があるという研究報告もあるので、ティートリー精油を使った掃除用のアロマスプレーがおすすめです。

スーッとした清潔感のある香りは、部屋の空気浄化玄関や下駄箱のにおいが気になるときにも役立つ精油です。

参考文献:精油の制菌作用(AEAJ日本アロマ環境協会:アロマの研究・調査より)

浴室のカビ(クロカビ)にはティートリーやラベンダー、水虫の原因となる菌(白癬菌)にはカモミール・ローマンやティートリーなどが優れていることが明らかになりました。精油の微生物に対する作用を知って、日々の生活に役立ててみましょう。

AEAJ日本アロマ環境協会

ティートリー精油の禁忌・注意点

ティートリー精油の禁忌・注意点

敏感肌の人は少量で使用する。

まれにですが、皮膚刺激がみられる精油です。

ティートリー精油が酸化すると皮膚刺激が出やすいと言われているので、精油瓶を開封して1年以上経ったものは、アロマトリートメントに使用しないでくださいね。

AEAJ日本アロマ環境協会では、体には1%以下、顔には0.5%以下と規定濃度の目安をもうけています。

敏感肌の人や気になる人はは作り方の基準の滴数より少なめから始めましょう。

ティートリー精油のおすすめの使い方

ティートリー精油の抗菌作用を活かした、部屋の用のアロマルームスプレーです。

市販のアロマルームスプレーもありますが、簡単に作れるので挑戦してみましょう。

ティートゥリーのほかに、自分の好きな香りの精油を2本選んでみてください。

今回はティートリー、レモン、フランキンセンスのブレンドです。

【ティートリーのアロマルームスプレー (50ml)】

【材料】

  • ティートリー精油 5滴
  • レモン精油 3滴
  • フランキンセンス精油 2滴
  • 無水エタノール・・・5㎖
  • 水(精製水)・・・45㎖
  • ビーカー、かくはん棒
  • 遮光性スプレー容器、ラベルシール

【手順】

1. ビーカーに無水エタノールを5㎖入れる。
2. 精油を一滴ずつ加えて、よくまぜる。
3. 水を加えて、よくまぜる。
4. 遮光性スプレー容器にうつし、よくふる。
5. ラベルシールに作成日や精油名を記入して貼る。

※水分を使った手作りのスプレーは、2週間程度で使い切りましょう。

精油の使い方と注意点を確認したいときはこちらの記事を参考にしてください。

ティートリー精油の香りの特徴

ティートリー精油は、ライムのようなスーッとしたさわやかさが、染み渡るような香りです。

まさにハーバル調(薬草のような)の香り

でも、ユーカリ精油の香りほど、ツーンと鼻にきません。

ペパーミント精油を嗅いだときと同じように、頭がスッキリして、気分がリフレッシュします。

頭がぼやんやりとしたり、眠気を覚ましたいときに、ティートリーのすっきりとした香りを嗅ぐとよいですね。

ティートリー精油の価格について

精油(エッセンシャルオイル)を買ってみたいけど、どこのブランドがいいの?

まず、植物由来の100%天然の精油(エッセンシャルオイル)かどうか、確認しましょう。

そして、オーガニックにこだわりたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

生活の木

国内外の提携農園から厳選したオーガニックハーブや精油、植物油などの販売。
全国約110店舗の直営店あり。エコサート、JASなどの認証を受けた有機精油もあり。

原産国:オーストラリア
価格の目安:3㎖ 660円。10㎖ 1,650円(税込)

有機ティートリー ACO*認証ありの精油(オーストラリアのオーガニック認定機関)
原産国:オーストラリア
価格の目安:3㎖ 990円。10㎖ 2,750円。(税込)

ACO*とは…Australia Certified Oganic(オーストラリア認証オーガニック)の略。

生活の木

ティートリー精油と、気になる精油を3本選べる!
28種からのよりどり3本セット 1,950円

フレーバーライフ

アロマテラピー商品の通信販売を日本で最初に始めた会社。
英国Aromatherapy Trade Council(アロマテラピー精油取引協議会)及び、Soil Association(英国土壌協会)加盟社より輸入し、100%ピュア&ナチュラルな精油を販売。

原産国:オーストラリア。価格の目安:10㎖ 1,430円(税込)

■フロリハナ

フランスにフロリハナ蒸留所を持ち、エコサート・JAS認定100%オーガニックなど、オーガニック認定商品にこだわり、精油を蒸留販売。こちらは1滴が約0.03㎖。

原産国:南アフリカ、ジンバブエ。価格の目安:5.65㎖ 1,045円(税込)

■ニールズヤードレメディーズ

オーガニックにこだわるイギリス発祥のヘルス&ビューティブランド。英国ソイルアソシエーション認定オーガニック精油などを扱う。サスティナブル&エシカルな理念をかかげるブランド。

生産国:イギリス。価格の目安:5㎖ 1,650円(税込)

ネットで精油を購入するときのポイント

私のブログではオーガニック先進国であるオーストラリアはじめ、イギリス、フランスなどオーガニック認証機関で品質認証を受けた精油を扱っているブランドを中心に紹介しています。

各精油ブランドが商品の品質やオーガニックへのこだわりを持つことは、消費者目線に立ち、安心して使えるものを提供したい、という意志の表れだと解釈しています。

  • オーガニック先進国などの認証機関で精油の品質検査がされている
  • 精油ブランドや販売店が、輸入された精油を独自に成分分析をしている。
  • 成分分析表などの表示がある。

オーガニック精油は安心・安全なものだ、と一般的に考えられがちです。

ただ、「有機農産物であるという証明」があることが、「アレルギーや皮膚刺激がないもの」というわけではないですよね。

植物の一部である精油は、それぞれ個性的な特徴があります。

精油の個性と注意点をよく理解して、アロマテラピーを楽しみましょう。

また、精油は芳香成分を高濃度に含んだもの

精油を扱うときはエタノールや植物オイルで薄める、皮膚に原液をつけないなど、精油の特性と注意点をしっかり確認しましょう。

ティートリーのお話

ティートリーとは?

オーストラリア原産の7mほどに育つ常緑樹で、ユーカリ精油と同じフトモモ科の植物。

植物名の表記上ティートリーとしていますが、ティーツリーとも言われます。

オーストラリアの先住民アボリジニたちはティートリーの葉をすりつぶした湿布を傷の治療薬として、古くから利用してきました。

ティートリーという名前ですが、お茶として加工はされてないのです。

では、なぜティートリーなのでしょうか?!

  • アボリジニが飲んでいたお茶の植物の仲間だった。
  • キャプテン・クックがオーストラリア大陸上陸した当時、ティートリーのお茶を飲んだ。
  • キャプテン・クックと一緒に航海した乗船員が名付けた。

などなど、由来は諸説ありです。

元々、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパではティートリー精油や関連商品が一般的によく使われています。

最近は日本でも認知度が上がり、オーガニック認証のある商品が多く支持されるようになってきました。

ということで、オーストラリア発祥のオーガニックブランドを紹介します。

パーフェクトポーション

パーフェクトポーションは、オーストラリア発祥のナチュラルスキンケア ブランド。

植物由来のエタノールを使用しているマスクスプレーです。

オーガニック認定を受けたレモン、ユーカリ、ティーツリー、パイン(セイヨウアカマツ油)、ペパーミント(セイヨウハッカ油)を配合。

レモンやティートリーなど、すっきりとした香りがマスクの匂いをリフレッシュさせてくれます。

ティートリー精油のブレンドの相性

ティートリー精油は同じようなスッキリ系の香りとよく合いますが、だいたいどの香りのグループでも調和します。

■柑橘系:レモン、ライム

■フローラル系:ネロリ

■ハーバル系:ペパーミントラベンンダーゼラニウムスイートマージョラムローズマリー

■樹木系:ユーカリサイプレスジュニパーベリー

■樹脂系:フランキンセンス

ティートリー精油のプロフィール

精油名ティートリー Tea Tree
学名Meraleuca alternifolia( メラレウカ アルテルニフォリア )
科名フトモモ科
主な産地オーストラリア、ジンバブエ
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
主要成分テルピネン-4-オール、γガンマ-テルピネン、テルピネオール、1,8シネオール
ノートトップ
印象ライムのようなスーッとした、さわやかさが染み渡るような香り
注意事項皮膚刺激あり
Riyu
Riyu

まれに皮膚刺激があるので、初心者はトリートメントよりも芳香浴が安心です。

ティートリー精油のまとめ

  • スーッとしていて、さわやかな香りが、頭をスッキリさせる。
  • 抗菌抗ウイルス抗真菌抗炎症作用が優れている。
  • トリートメントオイルにして、ヘアケアに利用する。
  • フットバス(足浴)にして、水虫などのフットケアに利用する。
  • アロマルームスプレーにして、部屋の空気をきれいにする。
  • 掃除用アロマスプレーは、浴室、玄関、下駄箱、キッチンなどに使える。

これまで研究報告によって、ティートリー精油の芳香成分は期待できる効果が高いと実証されています。

抗菌・抗ウイルスなどに力を発揮するティートリー精油の商品が増えており、今後さらに注目が集まるでしょう。

でも、精油を使ってみたり、自分でアロマコスメを作るのは面倒くさいという人もいますよね?

そんなときは、信頼できる自然派ブランドのティートリー商品をチェックしてみてください!

■ザボディショップ

にきびや皮脂トラブルが気になる方におすすめ。

イギリスの自然派化粧品、ザボディショップにはティートリー精油を使ったスクラブ洗顔料があります。

◆THE BODY SHOP◆
イギリスの自然派化粧品ブランド 【THE BODY SHOP】

■たかくら新産業

ボディケアにオーガニックにこだわった商品を販売する、たかくら新産業。

ティーツリー精油などを使ったハンドスプレーやアロマルームスプレーがあります。

たかくらとくらす

Healthline(ヘルスライン・米国の医療専門家たちによる医療情報コンテンツ)からの参考情報です。

ティーツリーオイルは肌にどのように役立つか?
参考HP:Healthline(ヘルスライン)