『アロマ』の言葉の意味とは?

アロマって、よく聞くけど?

アロマ、アロマオイル、アロマテラピー、アロマセラピーなどネットや雑誌でもよく見かける言葉かなと思います。

ただ、気になるのが、みんなほわんとしたイメージでその言葉を使っているような気がしています。

ここでは、そもそもアロマテラピーで使われる言葉をきちんとした理解とイメージにつなげてほしいと思い、解説しました。

香りに関する言葉、特にアロマテラピーで使われる言葉をみていきたいと思います。

アロマとは?

アロマ (英語:Aroma
意味:芳香、香り / 芸術品などの風格、気品、趣

では、まずアロマとは?
辞書ではこのような上のような意味で書かれています。
芳香香りというのが本当の意味です。
ときどき、「アロマの香り」という言葉を見ますが、厳密にいうと、まちがいだとわかりますね。
日本語になおすと「芳香(香り)の香り」となり、実は意味がわからなくなっています。

では次に。

エッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイル (英語:Essential oil)
意味:精油のこと。植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮などから抽出した天然の素材。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。
各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるもの。
(AEAJの定義より)

アロマオイル 
(Aroma oilと表記できるが、英語では実際にAroma oilという言葉はない。)
意味:一般的に植物に由来する天然香料・精油をアルコールや植物油(キャリアオイル)などで希釈したものを指す。
と辞書にありますが、アロマテラピーでは使われない。

「アロマオイルで癒されよう。」と紹介しているネット記事などを見かけます。
天然精油(エッセンシャルオイル)や合成香料が入ったオイルも含めて、アロマオイルと書かれているようですが、アロマテラピーにおいてはきちんと区別されています。

アロマオイルというのは適当な呼び方なのです。

だから、今度から天然香料100%のものを使うときは、精油またはエッセンシャルオイルと言いましょう♪

焚くとは?

また「アロマを焚く(×)」という言葉も見ました。
これも日本語になおすと「香りを焚く」となって、よくわからなくなります。
なんとなくディフューザーを使っているイメージで使われているようですが?!

焚く (たく)
意味:燃料を燃やす、火にくべて燃やす。
香に火をつけてくゆらす。ストロボを発光させる

焚くという言葉は「香を焚く(○)」という使われ方がふさわしいです。
また、「アロマキャンドルを焚く(○)」であれば、火を使用するので、言葉としての使い方も自然です。

「香」はもともと仏教で儀式で使われるものです。

焼香や線香もその一つです。

アロマの言葉だけをみても、このように不思議な使われ方になっているので、曖昧さが出てしまっています。

アロマテラピーとアロマセラピーの違い

アロマテラピー (英語:Aromatherapy)
意味:植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、美と健康に役立てていく自然療法です。
(AEAJの定義より)

アロマ:芳香 テラピー:療法

アロマテラピーの目的

  • 心と身体のリラックスやリフレッシュを促す。
  • 心と身体の健康を保ち、豊かな毎日を過ごす。
  • 心と身体のバランスを整え、本来の美しさを引き出す。 
     

アロマセラピーはAromatherapyの英語読みです。
アロマテラピーはAromatherapyのフランス語読みです。

この読み方のちがいがあるだけなのです。
しかし、AEAJ日本アロマ環境協会はイギリスで盛んなホリスティックなアロマセラピーの流れをくんでいるようです。

フランスはメディカルアロマテラピーと呼ばれ、医療の中で積極的に精油の力が利用されています。

薬局で精油を処方されるということが一般的にあるのです。

イギリスのアロマセラピーの流れに準じているのならば、素直にアロマセラピーと呼んでほしかったと思います。

そうすれば、言葉の混乱もなかったのにと思うのは私だけでしょうか?

セラピストについては、たとえばカラーセラピストとか、心理セラピストなど一般的に使われていますね。

AEAJ日本アロマ環境協会でもアロマセラピスト、アロマハンドセラピストと各資格に対して、こう呼んでいます。

セラピーとテラピー、セラピストと読み方に関して、統一されていない感じがどうしても気になります。

外来語のカタカナ表記ですが、正直、統一してほしいというのが私の本音です。。

トリートメントとマッサージのちがい

AEAJ日本アロマ環境協会のアロマテラピーにおいて、トリートメントとはどういうことを意味するのか?

まずはAEAJ日本アロマ環境協会の考え方から。

(アロマテラピーにおいて)トリートメントオイルを全身または身体の一部に塗布し、ケアする方法。

塗布する部位に応じて適切な濃度に希釈したトリートメントオイルを使用する。
保湿、引き締めなどの効果が期待できる。

また、始める前はコンサルテーションを行い、トリートメントの後は、アドバイスを行うことも含める。

アロマテラピーは心と身体に働きかける全体的な芳香療法です。
また、患部を治すための治療法ではありません。

しかし、実際には、トリートメントもマッサージも同じように使われているのではないか?ということがひっかかっていました。

アロマトリートメント店のホームステイページやSNSでの発信を見ても、”アロママッサージ”と広告を出したり、案内に書かれていることがあります。

トリートメントとマッサージという言葉が、アロマトリートメントにおいても、同じように使われている現状になっています。

現時点でアロマテラピーを統括する日本の協会だけでも、いくつかの協会があります。

だから、言葉の使い方もそれぞれで、統一されていないこともあるでしょう。

(私は現時点で日本最大の会員数のAEAJ日本アロマ環境協会に属しています。)


そして、反対にトリートメントとマッサージって、どうちがうの?という疑問や混乱も出てきてしまいます。

AEAJアロマテラピーアドバイザー講習のときに、アロマ関連法規について話を聞きました。

しかし、そのときにはトリートメントとマッサージの言葉について、当時の講師からは厳密な話はなかったように思いました。

事実、自分自身もとらえ方があいまいになっていました。

そこで、私は所属するAEAJ日本アロマ環境協会に、言葉の意味について確認をしてみました。

回答には、

あはき法(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律)にふれてはいけないという観点から、マッサージという言葉は使わないと、書かれていました。

あはき法・・・あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の各免許について定め、免許を受けた物以外が、あん摩・マッサージ・指圧、鍼(はり)、灸(きゅう)その他医業類似行為をなりわいとしてすることを禁止しています。

マッサージという言葉をうたって、アロマトリートメントサロンで施術を行うのは、よくありません。

この点から、アロマトリートメントサロンで行われる「さする、すりあげる、もむ、指圧する」行為はマッサージではなく、トリートメントです。

そして、AEAJ日本アロマ環境協会では、マッサージという言葉を使っていません。

「さする」「すりあげる」という日本語でトリートメントの仕方を表現しています。

もちろん、このことをしっかりと理解したアロマトリートメントを施術するサロンもあると思います。

マッサージは、国家資格である、あん摩マッサージ指圧の免許を持つものが行う医療類似行為なのです。

ですので、ここでもあえて、マッサージという言葉は使わず、トリートメントを行うというように表現していきたいと思います。

これから、AEAJの各種資格を取得されていく方、またAEAJの個人・法人の既存の会員の方がいらっしゃいます。

もちろん私を含めてですが、こういった方々が、インターネットや紙媒体の情報発信されることがあります。

個人の講座やサロンでのトリートメント、ボランティアなどの活動において、『アロマトリートメント』について、情報発信する機会があるでしょう。

そういったときに、気をつけて、また意識して『トリートメント』という言葉を使うことは、他のエステやあん摩・マッサージ・指圧、はり、きゅうなど、その他の民間療法との差別化をはかるために、必要なことではないかと思っています。

そして、正しい情報発信や紹介をすることは、アロマテラピー初心者の方にも、アロマテラピーをきちんと理解してもらうことにつながると思います。

ここでは、アロマテラピーについて、学んだ方の目線でも、言葉について紹介してみました。

これを読んでいるあなたにも、これからはアロマトリートメントをこのような見方で、関心を持ってもらえたらいいな、という思いで紹介しました。

アロマに関する言葉のまとめ

  • アロマとは、実は芳香香りのことをいう。
  • エッセンシャルオイルは、100%天然の精油のことである。
    アロマオイルは適当な言葉である。
  • マッサージではなく、トリートメントである!
  • 現状は現場のアロマトリートメントサロンのスタッフでも、残念ながらトリートメントのことをマッサージという言葉を使っている場合がある。
    AEAJもとで、アロマテラピーにたずさわるものであれば、きちんとした言葉の使い分けを徹底し、安心で安全なアロマテラピー、アロマトリートメントを人々に理解してもらい、リラクゼーションや美容、健康につながるようにつとめていきたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました